竜 (トールキン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(りゅう)は、J・R・R・トールキンの『ホビットの冒険』『指輪物語』『シルマリルの物語』等の著作に登場する中つ国の架空の種族である。

概要[編集]

中つ国における竜は太陽の第一紀において初代冥王モルゴスが作り出した彼の被造物の最高傑作で、巨大な爬虫類のような形をした恐ろしい生物である。モルゴスのしもべでは、最強と言われる炎の悪鬼バルログにも勝るとも劣らず、場合によっては彼らをも上回る唯一の存在とも言われる。竜がマイアに含まれるか否かは不明。

火を吐く火炎竜族"ウルローキ"[1]と吐かない冷血竜がおり、また翼のないものとあるものやヘビの姿をした長虫(ワーム)など様々な形態がある。その他、細かく分類すると翼竜(ラーマローキ)や "spark-dragons"(フェアローキ)、シーサーペント= "fish-dragons"(リングウィローキ)などの多数の種類がいる。[要検証 ][2]これらの中でも、火炎竜で翼のあるものがもっとも危険で恐ろしいとされるが、冷血竜の爪と牙、強靭な身体を駆使した攻撃も十二分に脅威であり、歴史的にも多数のドワーフの王国が冷血竜によって滅ぼされてきた。冷血竜の物理的破壊力は翼のある竜族よりも強力だったと言われる。また、冷血竜の一部には火炎は吐かないが魔力を行使したり、口から煙や霧、高温の水蒸気を吐き出すものもいたとされる。[要検証 ]魔術とその知識も強力で、「ドラゴン・スペル」(またはドラゴン・スピーチ)という凶悪な呪力を発揮して敵を洗脳・服従させたり、呪いをかけた相手の一族の運命を自在に狂わせ破滅させる等のこともできる。

性質は邪悪で、使い道もないのに財宝を貪欲に求め、それを山と積み上げてしとねとし、その上に眠る[3]。その力は一匹で一国を滅ぼしてしまうほど強力である。群れを作るなどの社会行為は確認されていないが、第一紀では共に暗黒軍の二強であるバルログ達と軍勢の指示を司ったり、[4]竜そのものが大戦での指揮を任されることも度々あった。また非常に狡猾で知力においても危険な存在であり、竜の祖グラウルングにいたっては妖術や呪術を駆使し人間の英雄トゥーリンとその一族を非常に悲劇的な末路に追いやっている。だが一方でモルゴスの影響下に絶えずあった第一紀の竜を除くと、特に後世の竜に特徴的だが、必ずしも悪に染まり切った存在とも言えず、自らの欲望が満たされている限りは中つ国の動向に無関心・無干渉な姿勢を見せたり、自由の民への危害を積極的には加えないような一面も持つ。

このように猛威を振るう存在でありながら、弱点(主に弱い腹部であるとされる)を突かれるとたちどころに滅ぼされる展開が多い。また、成長に大変な時間を要するため、兵力としての柔軟性に欠ける部分もあり、竜族特有の傲慢性からか敵を見くびって隙を突かれたり、これらの弱点に特化した攻撃を受けて倒される事もある。ただし、歴史的に竜を倒した英雄の使用してきた武器もエルフの特別製や魔力を持つなど特別な武器が多く[5]、通常の武器類ではまったく歯が立たない。結局のところヴァラール以外は正面から立ち向かっても無事では済まされず(ヴァラールとヴァリノールの軍勢ですら飛竜の軍勢には押され後退するほど[6])、「怒りの戦い」など戦争時をのぞき殆どが不意討ちにあたる形で倒されている。

第一紀末の超大戦「怒りの戦い」にて殆どがバルログやその他の闇の怪物ら同様に滅ぼされたが、一部が生き延びて数を増やし、第三紀以降も存在が確認された。農夫ジャイルズの冒険に見られた黄金竜Chrysophylaxが末裔の一体であるとの見方もある[独自研究?][7]が真偽は不明。

財宝を求める性質から古来ドワーフと因縁が深く、数多くのドワーフの国が竜に滅ぼされ略奪を受けたため、ドワーフ達の激しい憎悪が向けられる場合も多い。しかし竜の破滅は、結果的にドワーフ以外の種族の手によって下されることが多い。

天敵は大鷲族(こちらもマイアの可能性が示唆されている)、竜の敵として巨鳥が置かれるのはガルーダ鳥など古今東西からよく見られる設定である。 両種族とも、エルフやビヨルンリングなどの魔法族同様に上古の時代(第一紀)の個体の方が後世の者たちより遥かに強力で巨大な傾向にある。

竜族はモルゴスの被造物であるためにモルゴスの影響は避けられないが、先述のとおり自分の欲望が満たされている限りは悪事を働かず、中つ国の流れにも無干渉な姿勢を見せており、たとえば第三紀のスマウグがサウロンに無条件で命令を受けるような関係にはないと思われる。[独自研究?]

登場する個体[編集]

グラウルング[編集]

史上最初に出現した竜で、竜の祖とされる地を這い火を吐く黄金の竜。黄金竜、全ての竜の父、祖竜、竜王[要検証 ]アングバンドの長虫などの呼び名がある。残忍だが非常な智将でもあり、彼の真の恐ろしさは炎や牙などではなく、その知恵と魔力にあると言われた。

アングバンドより四度出撃し、そのたびにその強大な力でエルフや人間の軍勢を敗退せしめ破壊の限りを尽くす。最初の出現時は、若さ故の過ちか未だ成育しきってはいない状態で出撃し、数多くの矢を射掛けられ敗退するが、エルフ諸侯を仰天させるには十分だった。その後二百年を経て成育した後、時のダゴール・ブラゴルラハにおいて先陣を切って出撃し、エルフ軍の包囲網を壊滅させ追い散らした。ニアナイス・アルノイディアドにおいても出撃し猛威を振るったが、その際はドワーフ王アザガルの軍勢に取り囲まれ、アザガルの決死の攻撃によって傷を負いアングバンドへと敗退する。

最後は単身ナルゴスロンドを襲撃し、その財宝をことごとく奪い去ってそこに巣食った。その最中遭遇したトゥーリンとその親族に対し呪いをかけ、自身は崖を通り過ぎた際トゥーリンに待ち伏せされ腹を彼の魔剣グアサングにより深々と刺され滅ぼされるが、死の間際の毒煙と不敵な言葉によってトゥーリンおよびその妹ニエノールを死に追いやる。

己の死の間際にても冷静で飄々としている節もあり、中つ国における最強の生物として下記のアンカラゴン同様に列挙されることが多い。[要出典]

アンカラゴン[編集]

著名な黒竜。その名はシンダール語にて「突進する顎」の意を持ち、決戦兵器と証されることもある。[要検証 ]呼び名として「黒のアンカラゴン」や「黒龍アンカラゴン」とするものが多い。第一紀の最後、中つ国史上最大の戦争である「怒りの戦い」の最終局面にてモルゴス軍の切り札として突如出現した火を吐き空を飛ぶ竜の祖であり、[要検証 ]その最大のもの。また後述するガンダルフのセリフから史上すべての竜の中で最大最強のものと思しい。

ヴァリノールの軍勢に莫大な数のアングバンド軍が圧倒される中、突如アングバンドより同族とともに出撃しヴァリノール軍を押し返した。やがて戦いに加わった大鷲と空飛ぶ船ヴィンギロトに乗ったエアレンディルとも激しく戦い、丸一日の攻防の末にエルロンド卿の父エアレンディルに滅ぼされた。

どれだけの大きさであったかは明記されていないが、アンカラゴンの墜落した衝撃でサンゴロドリムの山並みは毀れたといわれる

『指輪物語』においてガンダルフが、力の指輪を滅ぼす方法として竜の火を挙げながら、一つの指輪においては「かの黒竜アンカラゴンの火をもってしても不可能であろう」と述べている(ガンダルフが怒りの戦いに参戦していたかは不明)。なお、ドワーフ族の七つの指輪の四つは竜の炎に消えた。

怒りの戦いにおいて名前が挙がっている竜はアンカラゴンだけであるが、これ以外にも、たとえば後世のスマウグなどでは比較にならないほどの強大な大竜たちが他にも参戦していたとも考えられる。

エアレンディルらと大鷲たちが、どのようにアンカラゴンと飛竜の軍勢を撃ち滅ぼすことができたのかについては、現在でも判明していない。単純な大きさの比較でさえ、アンカラゴンとソロンドールの体躯には、比較にならないほどの大きな差があるからである[8]

大冷血竜[編集]

能力や顛末など詳細が不明な大竜。第三紀に灰色山脈に出現した冷血竜らの中でも最大のものか否かも不明だが、当時のドゥリン一族の王国を襲撃、圧倒的な力で制圧した。この災禍により、トーリン・オーケンシールドの曽祖父ダイン一世とその第二子のフロールらが犠牲になり、後のスマウグとトーリン二世の戦いなど、この一族の竜族との因縁が強いことが見て取れる。

スカサ[編集]

第三紀、灰色山脈において猛威をふるった大竜。スカサとはローハン語における呼称であり、長虫スカサ(Scatha the Worm)と呼ばれる。冷血竜に区分される事が多いが、上記の「大冷血竜」とは違う個体であり、スカサ自身は火竜だった可能性もあるという意見がある。

ドワーフから略奪を繰り返したが、北方人(ロヒアリムの祖)の族長フラムにより滅ぼされた。しかしその死蔵していた財宝を巡りフラムとドワーフの間にいさかいが起こり、フラムはドワーフに殺害されたとされる。

その財宝の一つに、ローハンで代々受け継がれるようになった角笛がある。指輪戦争での功をたたえてメリアドク・ブランディバックに贈られたこの角笛は、ホビット庄での戦いにおいて使用された。

スマウグ[編集]

第三紀最大とされる翼のある火炎竜で、中つ国における最後の火竜族または大竜の一体とされる(少なくとも指輪戦争直前までは火竜族が存在していた)。黄金竜と呼ばれるが、これは元来赤竜であったものが長年溜め込んだ黄金が体にこびりついた結果であるという。彼は「怒りの戦い」を生き延びた個体ではなく、後代に生まれた竜と思しい。第三紀では最大の竜である彼が、第一紀の祖先たちと比較してどの程度の存在なのかは不明。

はなれ山(エレボール)にあるドワーフの山の下の王国と人間の谷間の国を襲撃して滅ぼし、約二百年にも渡ってそこに巣食ったが、最後は復讐にきたドワーフたちと共にやってきたホビットビルボによって弱点を見抜かれ、ツグミの伝達により情報を得た谷間の国の末裔の手により心臓付近の鎧のほころびを弓で射抜かれ滅ぼされる。

独立項目スマウグを参考。

Gostir[編集]

名前以外は殆ど何も知られていない純白の冷血竜[要検証 ][9]。古代語で「死の眼光」と呼ばれ、燃えるような赤い目と非常に恐ろしげな顔付きが特徴だったとされる。睨み付けるだけで敵を服従させ、時には死に至らしめるほどであったというが、大型動物ばかりを襲っていたので人間たちはその脅威をまともに受けずに済んだ。[要検証 ]

ゴンドリンの獣[編集]

ゴンドリンの陥落時に活躍した大火竜で、エダインの英雄トゥオルに喉を傷つけられた際に暴れ、尻尾の一撃で大勢のオークノルドール人を潰した後に撤退した。

その他[編集]

上記の名前が残る個体たちの他にも、シーサーペントなどの海竜[10]や砂漠や洞穴を好むサンドワームや岩竜土竜、Were-worms などその他多数の竜の亜種や眷属が中つ国にいたとされる(設定のみの場合も多い)。

その他、竜に似た姿をしたナズグルの「おぞましい獣(フェルビースト)」などの者共が中つ国にいたとされる(竜に近い姿を持つのは実写映画版でのみの設定)。

なおシルマリルの物語の初期案では、生物としての竜ではなくオーク軍の開発した兵器として、竜を象った攻城兵器が登場する予定であった。

脚注[編集]

  1. ^ クウェンヤ語で「火の蛇」を意味する
  2. ^ http://tolkiengateway.net/wiki/Category:Dragons
  3. ^ 財宝を求める理由には諸説あり、創造主のモルゴスがシルマリルに魅了された事の名残か、制圧用の戦力として資源を確保するためとも言われる。[要出典]
  4. ^ 初期の絵画等で、バルログを背に乗せるなど連携した様子も見られた。[要検証 ]
  5. ^ The Atlas of Middle-earth, The First Age, The Elder Days, "The Battles of Beleriand"
  6. ^ The Silmarillion: Quenta Silmarillion, "Of the Voyage of Eärendil and the War of Wrath"
  7. ^ https://en.wikipedia.org/wiki/Dragon_(Middle-earth)
  8. ^ ソロンドールの翼開長は54mに達し、中つ国史上最大最強の鷲であり初代鳥の王でもあった。
  9. ^ The History of Middle-earth V, The Lost Road and Other Writings
  10. ^ http://www.tolkiengateway.net/wiki/Sea-serpents