スペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
空白文字から転送)
移動: 案内検索

スペース(space)は、ラテン文字ギリシア文字キリル文字などにおいて、語と語の区切りを表すために空ける空白、またその他の字間の空白のことである。

ヘブライ語アラブ語においては、早い時期から単語の区切りを表すのに空白が置かれていた。ラテン文字で最初に使われたのはアイルランド語で、時期は600年から800年頃と考えられている。それまでラテン文字では中黒が使われていた。

ラテン文字におけるスペース[編集]

ラテン文字においては、語と語の間にスペースが置かれる。手書き文字では、間を空けるほか、筆記体では続けて書かない。印刷などの場合、印字エリアの右端をそろえる(ジャスティフィケーション)ためには、これを伸縮して調整する。

また様々な形式で文と文の間にスペースを置く。「フレンチ・スペーシング」では文と文の間に1文字分のスペースを置く。「ダブル・スペーシング」または「イングリッシュ・スペーシング」では2文字分のスペースを置く。また初期のタイプライターでは「拡張スペース(1-1/3文字分のスペース)」を置くことがあった。近年ではスペースを置かないケースも増えている。

ドイツ語では、語を強調するため、または強調して発音すべき語を表すために、ひとつの単語の中で字と字の間を空けるということが行われる。たとえば、das Kind において das を強調するには、d a s Kind のようにする。この場合には単語間のスペースでないので、ジャスティフィケーションのための伸縮の対象とならない。

日本語におけるスペース[編集]

日本語では字空きともいい、文法上、特別の意味が置かれない。しかし、段落のはじめに多くの場合字落としが行われ、コンピューターではここに和字間隔(全角スペース)を置くことが多い。

古文書においては、貴人への敬意を表するために、人名や動詞の前に空白を開けるといったこと(闕字(けつじ))が行われる。「  上様」「登  城」などの表記がそれである。明治時代になって正式に廃止された。

コンピュータにおけるスペース[編集]

コンピュータでは語間を表す以外にもさまざまな用途で用いられる。また、空白の大きさも様々に必要である。従って、用途や大きさが違うことを区別する方法が必要である。現代の多くのコンピュータでは、文字コードを使い分けることによって用途や大きさの違いを区別している。

  • スペース(欧文間隔 俗に半角スペース)(20H) - ラテン文字の単語間のスペースを表すことに用いる。論理行(改行コードで区切られた文字の連なり)が物理行(見かけ上の1行)からはみ出す場合には、はみ出さないようにこのスペースで次の行に送る。このとき、スペースは見かけ上改行に置き換えられ、前の行の最後にも次の行の最初にもスペースは置かれない。等幅フォント以外では半角幅であるとは限らず3分幅になっていることが多い。ASCIIにあってJIS X 0213にない唯一の文字である。
  • 整形目的で挿入されるスペースをタブと呼ぶ。俗にタブ文字を用いたものはハードタブ、半角スペースを用いたものはソフトタブと呼ばれる。
  • キーボードにはスペースキーが存在し、多くの場合通常のキーよりも大きい。
  • 日本語で使用されるスペースは日本語や中国語などのCJKの文字幅の間隔という意味を持った、和字間隔という文字が別に定義されており、主にそちらを用いる。
  • ホワイトスペース - 半角スペースとタブと改行の総称。HTMLC言語などいくつかのプログラミング言語で同等に扱われる。
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+0020 -  
 
(半角スペース)
  U+00A0 1-9-2  
 
 
ノーブレークスペース
(改行を行わないスペース)
U+2002 -  
 
 
enスペース
(en幅のスペース)
U+2003 -  
 
 
emスペース
(em幅のスペース)
U+2004 -  
 
(emの1/3幅のスペース)
U+2005 -  
 
(emの1/4幅のスペース)
U+2009 -  
 
 
(emの1/5幅のスペース)
U+2006 -  
 
(emの1/6幅のスペース)
U+2007 -  
 
フィギュアスペース
(等幅フォントの半分の幅)
U+2008 -  
 
約物スペース
約物と同幅で横幅が狭い)
U+200A -  
 
ヘアスペース
(非常に小さいスペース)
U+200B - ​
​
幅なしスペース(幅が0)
  U+3000 -  
 
表意文字スペース
和字間隔、俗に全角スペース)
 U+FEFF - 

幅なし改行なしスペース
U+0009 	
	
タブキー

その他[編集]

マイナスのスペースという概念が日本語の組版には存在し、マイナス2分幅などの幅がある。これは2分分後退することに用いる。たとえば、閉じ括弧「)」と開き括弧「(」が連続するときはこの括弧と括弧の間が2分幅になるのが正しいが、これを全角括弧「)」+マイナス2分幅のスペース+開き括弧「(」で表す[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ たとえばにMicrosoftのWordでも、等幅フォント(たとえばMS 明朝)を用いて全角の閉じ括弧と開き括弧を「)(」のように入力すると、その間は2分幅に調整される。
  2. ^ W3C 日本語組版処理の要件(日本語版)」の「3.1.2 句読点や,括弧類などの基本的な配置方法」の注1