福岡政章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福岡政章
基本情報
ラテン文字 Masaaki Fukuoka
日本の旗 日本
出生地 熊本県
生年月日 1984年7月12日(30歳)
身長 167cm
選手情報
階級 66kg級
所属 綜合警備保障
 
獲得メダル
男子柔道
世界柔道選手権大会
2013 リオデジャネイロ 66kg級
世界団体
2012 サルヴァドール 66kg級
2013 リオデジャネイロ 66kg級
グランドスラム
2009 東京 60kg級
2010 東京 66kg級
2009 モスクワ 60kg級
2010 パリ 60kg級
2011 パリ 66kg級
2014 パリ 66kg級
2014 チュメニ 66kg級
アジア柔道選手権
2013 バンコク 66kg級
2013年10月22日現在
テンプレートを表示

福岡 政章(ふくおか まさあき、1984年7月12日 - )は、熊本県出身の、日本柔道選手である。階級は66kg級。身長167cm。得意技は背負投[1]。現在は綜合警備保障所属[2]

人物[編集]

柔道は5歳の時に始める。鎮西高校2年の時にインターハイ60kg級で3位となる。東海大学に進学後は学生チャンピオンになるなど活躍する。社会人になってからは、2007年の体重別決勝で野村忠宏に敗れるが2位に入る。 さらに、2009年、2010年と2年続けて同学年のライバルである平岡拓晃に決勝で敗れるものの、2位になる。 一方、国際大会ではグランドスラム・東京で優勝を飾るなど一定の活躍を示す。 今年から世界選手権代表が各階級2名になったことにより、平岡とともに代表に選出される。 しかし世界選手権では初戦で敗れる[3]。 その後階級を66kg級に上げて講道館杯に出場して2位となる[4]。続くグランドスラム・東京では準決勝まで一本勝ち、決勝でも技ありで優勢勝ちして昨年に続く優勝を果たして、この大会2階級制覇を達成した[5]

2011年4月には体重別の初戦で敗れて世界選手権代表に選ばれなかった。 10月のグランプリ・アブダビでは優勝を飾った[6]

2013年5月の体重別決勝ではパーク24海老沼匡を有効で破り今大会初優勝を飾った[7]。 8月の世界選手権では3位となった。また、団体戦でも3位だった[8]

IJF世界ランキングは890ポイント獲得で14位(14/7/7現在)。

戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]