神尾駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神尾駅
神尾駅
神尾駅
かみお - KAMIO
五和 (4.8km)
(2.5km) 福用
所在地 静岡県島田市神尾
所属事業者 大井川鐵道
所属路線 大井川本線
キロ程 9.8km(金谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2人/日(降車客含まず)
-2007年度-
開業年月日 1928年昭和3年)7月20日
備考 無人駅
構内の「たぬき村」
「たぬき村」の中には車掌スタイルのたぬきもある

神尾駅(かみおえき)は、静岡県島田市神尾にある大井川鐵道大井川本線である。

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ地上駅無人駅である。

利用状況[編集]

  • 2007年度の1日平均乗車人員は2人(静岡県統計年鑑による)

駅周辺[編集]

駅のすぐ東側を流れる大井川を見下ろすことができる。駅は斜面の途中に造られており、駅付近にはほぼ何もない。駅から車道を1kmほど進むと、神尾の集落に辿り着く。集落からさらに車道を進むと国道473号に出る。

歴史[編集]

  • 1928年(昭和3年)7月20日 - 開業。
  • 2003年(平成15年)8月17日 - 構内で土砂崩れが発生。当駅を含む金谷~福用間(のち横岡(仮)~福用間)が不通に。
  • 2004年(平成16年)3月19日 - 大井川本線全線復旧により営業再開。

その他[編集]

  • 神尾駅南側には信楽焼で出来た焼き物が数多く設置されている。2003年の土砂崩れで大半が埋まってしまったが、現在ではボランティアの手により、そのほとんどが元の姿を取り戻している。
  • 狸の焼き物の中に一体だけ、マイクを手にした車掌の姿をしたものがあるが、これはSL急行の専務車掌で、初代「SLおじさん」として大井川鉄道SL急行の知名度向上に貢献した石原〆造の逝去後に、遺族からの意向もあり、有志からの寄付も受けて大井川鐵道関係者によって設置された。
  • この駅の駅名は、PCゲーム「AIR」の登場人物「神尾観鈴」と同名であるため、駅には「神尾観鈴ちんノート」が置かれている。

隣の駅[編集]

大井川鐵道
大井川本線
五和駅 - 神尾駅 - 福用駅

関連項目[編集]