田中銀之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たなか ぎんのすけ
田中 銀之助
田中 銀之助
生誕 1873年1月20日
日本の旗 日本
死没 1935年8月27日(満62歳没)
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・ホール・カレッジ
職業 田中銀行代表取締役
テンプレートを表示

田中 銀之助(たなか ぎんのすけ、1873年明治6年)1月20日 - 1935年昭和10年)8月27日)は、明治、大正、昭和の実業家イギリスケンブリッジ大学に留学し、帰国後ラグビーを日本に伝えた。

来歴・人物[編集]

生糸の相場で儲けた「天下の糸平」こと田中平八の長女と北村菊次郎の間の長男として生まれた。父は三代目田中平八を名乗り、糸平不動産、田中鉱山を興した。

当時の進学予備校であった神田淡路町共立学校(現・開成中学)に一時在籍し、学習院尋常中等科(現・学習院中等科)へ入学。1887年留学準備のため横浜のビクトリア・パブリック・スクールに入学。(ここで後に共にラグビーを日本に伝えるエドワード・B・クラークと出会う)

1889年イギリス留学。リーズ校を経て、1896年ケンブリッジ大学トリニティ・ホール・カレッジに入学。1896年6月に法学士の学位を取得後に日本に帰国。田中銀行の取締役に就任。後に田中鉱業、東洋鉱山、日本製鋼所の役員にも就任。柔道2段の腕前で[1]、芸者遊びも盛んだった[2]

1899年頃にE・B・クラークと共に慶應義塾の塾生にラグビーのルールについて伝え指導したとされる。なお、日本ラグビーフットボール協会の初代名誉会長であった(会長就任を固辞したために名誉会長となったとされる。下記外部リンク参照)。

曾孫は慶應義塾體育會蹴球部監督の田中真一[3]

脚註[編集]

外部リンク[編集]