歩兵第18連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歩兵第18連隊
IJA 18th Infantry Regiment 1940.jpg
宜昌作戦で漢水右岸を進撃中の歩兵第18連隊
創設 1884年
廃止 1944年玉砕
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 歩兵
人員 約4千人
所在地 名古屋 - 豊橋
通称号/略称 雷3219
補充担任 豊橋連隊区
上級単位 名古屋鎮台 - 第3師団 - 第15師団 - 第29師団
最終位置 マリアナ諸島 グアム島
主な戦歴 日清 - 日露 - 済南事件 - 日中 - 第二次世界大戦
テンプレートを表示
1937年、上海戦での歩兵第18連隊
豊橋公園内にある歩兵第十八聯隊之址碑
歩兵第18連隊営門跡(現豊橋公園正門)。門の向かって左手に哨舎も現存する。
歩兵第18連隊西門。1959年の国道1号線工事のため、現在の豊橋市役所立体駐車場脇に移転復元された。以前は木製の門扉も存在したが、現在はなくなっている。

歩兵第18連隊(ほへいだい18れんたい、歩兵第十八聯隊)は、大日本帝国陸軍連隊のひとつ。

沿革[編集]

  • 1884年(明治17年) - 名古屋にて第1から第3大隊が設置され、1886年(明治19年)までに豊橋に移駐
8月15日 - 軍旗拝受
3月 - サイパン島に進駐するが、アメリカ海軍魚雷攻撃により輸送船が沈没し連隊長以下2200名が死亡、約1800名が上陸
5月 - グアム島へ移駐、
7月21日 - アメリカ軍上陸開始、連隊主力はマンガン山にあったが、各中隊は上陸地点の要所に配置され激戦を繰り広げる
7月25日 - 師団長の許可を得て軍旗奉焼、その後の夜間戦闘で連隊長以下の大部分が戦死

歴代連隊長[編集]

歴代の連隊長
(特記ない限り陸軍大佐
氏名 在任期間 備考
1 福原豊功 1884.6.2 - 1888.9.13 中佐、1887.11.大佐
2 小林師現 1888.9.14 - 1889.7.25 中佐
3 小島政利 1889.8.12 - 1891.10.29 中佐
4 佐藤正 1891.10.29 - 中佐、1892.11.大佐、1895.3.4戦傷
5 渡辺章 1895.3.7 - 1897.10.11 中佐
6 摺沢静夫 1897.10.11 - 1900.4.25 中佐
7 石原応恒 1900.4.25 - 1905.2.6 中佐、1901.11.大佐
8 渡敬行 1905.2.7 - 1906.6.28 中佐、大佐昇進
9 谷岡瑞 1906.6.28 -
10 井野口春清 1907.2.13 - 1912.3.5 中佐、1907.11.大佐
11 権藤伝次 1912.3.5 - 1916.8.24
12 奥田為熊 1916.8.24 -
13 佐久間五郎 1918.11.20 -
14 高島弥之助 1922.8.15 -
15 蟹江冬蔵 1927.3.5 -
16 佐々木到一 1930.8.1 - 1932.2.23
17 篠原三郎 1932.2.29 -
18 田村元一 1933.3.18 -
19 中沢三夫 1936.3.7 -
20 塩沢清宣 1937.8.2 -
21 石井嘉穂 1937.8.14 -
22 高野直満 1939.3.9 -
23 石井信 1940.12.2 -
24 門間健太郎 1943.6.10 - 1944.2.29 戦死
大橋彦四郎 1944.3.28 - 7.25 戦死

参考文献[編集]

  • 『日本陸軍連隊総覧 歩兵編(別冊歴史読本)』新人物往来社、1990年。
  • 原 剛『明治期国土防衛史』錦正社、2002年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 官報

関連項目[編集]