有人軌道実験室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有人軌道実験室(ゆうじんきどうじっけんしつ Manned Orbital Laboratory, MOL)は、発展型ジェミニ計画の一つであり、アメリカ空軍が計画していた軍用の宇宙ステーション構想である。1969年に開発中止されている。

概要[編集]

アメリカ空軍はジェミニ計画/ジェミニ宇宙船を基に宇宙空間の軍事利用を構想していた。1963年1月に有人軌道展開システム(MODS)が開発中止され、1963年12月にX-20ダイアソナの中止の直後、有人軌道実験室(MOL)の開発が開始された。

有人軌道実験室(MOL)はジェミニB宇宙船と組になったものであり、軍用宇宙ステーションとして偵察などの任務に付けられる構想であった。偵察衛星としてKH-10のコードも付与されている。ジェミニBはジェミニ宇宙船の改良型であり、MOLとジェミニBはタイタン3Mにより一体となって打ち上げられる。MOLは、タイタンロケットの燃料タンクを改装したものであり、ジェミニBがその先端に取り付けられた構造となる。ジェミニBとジェミニ宇宙船と同じく2名乗りであるが、宇宙船底部にありジェミニBではMOLへの通路が設けられている点が差異となっている。MOLは30日間、軌道上で活動でき、カメラやレーダーにより偵察活動を行い、その後、乗員はMOLより切り離されたジェミニBにより地球に帰還するものとなる。

1965年には乗員の選抜が開始され、1967年までに17名が選ばれた。1965年に打上げ・回収されたジェミニ2号宇宙船を用い、打上げ試験を1966年11月3日に実施している。タイタンIIICロケットを用い、MOLを模した改装燃料タンクのほか、先端にジェミニ2号を取り付け、長い船体による打上げ時の空力的な影響を調べた。ケープカナベラル空軍基地LC-40発射台より打ち上げられ、弾道飛行の後、アセンション島近海で揚陸艦ラ・サールによって回収されている。

1970年からジェミニBの試験打上げを開始し、1972年から運用を開始する計画であり、ヴァンデンバーグ空軍基地からの打上げも構想された。

無人偵察衛星の技術向上により、1969年にMOL/ジェミニBの開発は中止された。ジェミニB宇宙船の試験機はオハイオ州ライト・パターソン空軍基地国立アメリカ空軍博物館に保管・展示されている。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]