サリュート7号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Salyut 7
詳細
乗員数 3
打上げ日時 1982年4月19日
19:45:00 UTC
発射台 LC-200/40, バイコヌール宇宙基地ソビエト連邦
再突入 1991年2月7日
質量 19824 kg
全長 ~16 m
全幅 4.15 m
居住空間 90 m³
近地点 219 km (118.25 海里)
遠地点 278 km (150.1 海里)
軌道傾斜角 51.6
周回日数 3216 日
滞在日数 816 日
総周回数 51917 周
飛行距離 21億 629万 7129 km
(11億 3730万 9460 海里)
1991年2月7日現在
詳細図

ドッキングしたサリュート7号(右上)とコスモス1686号

サリュート7号ロシア語: Салют-7英語: Salyut 7)は1982年4月19日バイコヌール宇宙基地からプロトンロケットで打ち上げられた宇宙ステーションである。1982年から1986年まで有人ミッションに使用された後、1991年に大気圏に突入し消滅した。

ミッション[編集]

サリュート7号はサリュート6号のバックアップ機として製造されたが、ミール計画の遅れを受けて1982年4月19日にサリュート7号として打ち上げれた。同年5月にはソユーズT-5で初めて宇宙飛行士が訪れた。

サリュート7号は両端に2基のドッキングポートを有しており、軌道上で大型の与圧モジュール2機とドッキングを行った。最初はコスモス1443号であり、1983年3月から8月まで結合した。もう1機はコスモス1686号で、1985年10月にドッキングを行い、それ以降運用終了まで結合し続けた。

1986年6月にソユーズT-15で宇宙飛行士が訪問した。ソユーズT-15はサリュート7号を離れた後、ミールにもドッキングを行い、サリュート7号から取り外した一部の設備を移設した。これがサリュート7号最後の有人ミッションとなった。

1986年には高度を460kmまで上昇させたが、予想以上に大気抵抗が大きくなったため想定を上回る速度で高度が低下した。1990年には通信が出来なくなり、打ち上げから8年10ヶ月後の1991年2月7日に制御できない状態のままアルゼンチン上空で大気圏再突入した。燃え尽きなかった一部の残骸は地上に飛散したが、被害は報告されなかった。

トラブル[編集]

サリュート7号では様々なトラブルが発生し、船内作業、船外作業含めて多数の修理活動が行われた。電力増強のための太陽電池パネルの軌道上での増設作業や、船外での推進薬の配管修理作業、無人運用中に姿勢を喪失して制御不能となり、内部が低温で凍結した状態からの復旧などが行われた。

1983年9月9日には、燃料タンクの1つの圧力がほぼゼロになっているのが見つかり、燃料配管の破裂が原因と確認された。ソユーズT-10クルーが船外活動を行なって修理した。

1985年2月には無人状態だったサリュート7号との通信が途絶え、サリュート7号は漂流を始め、全システムが停止された。1985年6月にソユーズT-13が修理に向かい、手動操縦でドッキングを行った。電力不足に陥っていたため、船内の壁は氷で覆われており、作業は困難を極めた。故障原因は、センサの異常であったことが分かり、バッテリが交換され、数日かけて船内が温められた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]