バナール球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バナール球の外観
バナール球の内部

バナール球またはベルナール球(Bernal sphere)は、長期間の宇宙滞在を目的として提案されているスペースコロニーの一つである。イギリスの物理学者ジョン・デスモンド・バナール1929年に提唱した。

直径1.6kmで2万人から3万人が居住できる中空の球で、空気が満たされている。

島1号[編集]

1975年から1976年までスタンフォード大学で行われた、将来のスペースコロニーの設計に関する一連の研究で、ジェラード・K・オニールはバナール球を改良した島1号(Island One)を提案した。これは、直径500mで分速1.9回転して赤道に地球と同程度の人工重力を生み出すとされた。その結果、内部の景色は、赤道に沿って大きな谷ができるようになる。島1号は最大10万人の人々を養うことができ、"Crystal Palace"では農業ができる。日光は極付近の鏡で窓を通して内部に導かれる。球の形状は、気圧の維持に適していることと放射線遮蔽効率が良いことから選ばれた[1]

島2号[編集]

オニールは島1号よりも大型の次の世代のスペースコロニーについて考え、島2号を提案した。島2号の直径は1800mで、赤道部分の外周は6.5kmである。この大きさでは、14万人が十分な居住地を持てる。またこの大きさは、住人間で効率的な輸送を行うには十分小さく、工業基盤となるには十分大きいサイズである[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ O'Neill, Gerard K., The High Frontier, third edition. Apogee Books, 2000.
  2. ^ ibid. pp 93

外部リンク[編集]