新渓郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新渓郡
位置
DPRK2006 Hwangbuk-Singye.PNG
各種表記
ハングル 신계군
漢字 新溪郡
発音 シンゲ=グン
ローマ字転写 Sin'gye-kun
テンプレートを表示

新渓郡(シンゲぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国黄海北道に属する郡。

地理[編集]

黄海北道の北部に位置する。

隣接する行政区画は以下の通り。

歴史[編集]

三国時代初頭には高句麗百済が争った領域である。百済の統治下、この地は沙所兀(サソオル / 사소올)および買且忽(メチャホル / 매차홀)と呼ばれていた。この地に高句麗が勢力を伸張させると、買且忽を改めて水谷城が置かれた。

統一新羅時代、沙所兀は新恩県に改められ、水谷城も県となった。高麗時代、水谷城は俠渓県と改称された。朝鮮王朝成立後の1396年、新恩県と俠渓県が統合され、新渓県が編成された。

1895年の行政区画再編により開城府所属の新渓郡となり(二十三府制)、14坊が属した。翌1896年に黄海道遂安郡となり(十三道制)、坊が面に改められている。

韓国併合後の1914年の行政区画再編では、兎山郡の一部(美原面)を編入するとともに、面の統廃合が行われた。その後も数度にわたり面の統合が行われており、1939年時点で、黄海道新渓郡は以下の8面から成っていた。

  • 新渓面 - 신계면【新溪面】 (シンゲ=ミョン)
  • 古面 - 고면【古面】 (コ=ミョン)
  • 多栗面 - 다률면【多栗面】 (タリュル=ミョン)
  • 多美面 - 다미면【多美面】 (タミ=ミョン)
  • 麻西面 - 마서면【麻西面】 (マソ=ミョン)
  • 沙芝面 - 사지면【沙芝面】 (サジ=ミョン)
  • 赤余面 - 적여면【赤余面】 (チョギョ=ミョン)
  • 村面 - 촌면【村面】 (チョン=ミョン)

朝鮮民主主義人民共和国成立後、1952年12月に行われた行政区画再編によって、沙芝面の一部が遂安郡に、村面が谷山郡にそれぞれ編入され、残る部分が新たな新渓郡(1邑24里)として再編成された。新溪邑は旧新渓面内に置かれている。

行政区画[編集]

2002年10月現在、新渓郡は1邑27里からなる[1]

  • 新渓邑 - 신계읍【新溪邑】 (シンゲ=ウプ)
  • 歌舞里 - 가무리【歌舞里】 (カム=リ)
  • 亀洛里 - 구락리【龜洛里】 (クラク=リ)
  • 金城里 - 금성리【金城里】 (クムソン=リ)
  • 大成里 - 대성리【大成里】 (テソン=リ)
  • 大井里 - 대정리【大井里】 (テジョン=リ)
  • 大坪里 - 대평리【大坪里】 (テピョン=リ)
  • 陵水里 - 릉수리【陵水里】 (ルンス=リ)
  • 馬山里 - 마산리【馬山里】 (マサン=リ)
  • 白谷里 - 백곡리【白谷里】 (ペッコク=リ)
  • 芙蓉里 - 부용리【芙蓉里】 (プヨン=リ)
  • 沙井里 - 사정리【沙井里】 (サジョン=リ)
  • 新星里 - 신성리【新星里】 (シンソン=リ)
  • 新興里 - 신흥리【新興里】 (シンフン=リ)
  • 汪塘里 - 왕당리【汪塘里】 (ワンダン=リ)
  • 院橋里 - 원교리【院橋里】 (ウォンギョ=リ)
  • 銀店里 - 은점리【銀店里】 (ウンジョム=リ)
  • 丁峯里 - 정봉리【丁峯里】 (チョンボン=リ)
  • 中山里 - 중산리【中山里】 (チュンサン=リ)
  • 支石里 - 지석리【支石里】 (チソク=リ)
  • 天開里 - 천개리【天開里】 (チョンゲ=リ)
  • 泉谷里 - 천곡리【泉谷里】 (チョンゴク=リ)
  • 楸川里 - 추천리【楸川里】 (チュチョン=リ)
  • 砧橋里 - 침교리【砧橋里】 (チムギョ=リ)
  • 太乙里 - 태을리【太乙里】 (テウル=リ)
  • ヘポ里 - 해포리【-里】 (ヘポ=リ)
  • 花城里 - 화성리【花城里】 (ファソン=リ)
  • 花野里 - 화야리【花野里】 (ファヤ=リ)

交通[編集]

鉄道[編集]

砧橋駅 - 新渓駅 - 丁峰駅

脚注[編集]

  1. ^ 北韓地域情報ネット・行政区域情報館 新渓郡” (朝鮮語). 2012年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]