新聞学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新聞学(しんぶんがく)は、狭義には、新聞についての、広義には新聞以外も含めたマスコミュニケーション過程についての社会科学的研究の総称[1][2]

ドイツ[編集]

1916年カール・ビュッヒャー (Karl Bücher) の尽力により、ライプツィヒ大学に「新聞学 (Zeitungswissenschaft)」の名を冠した研究所が設立され、正式な初代代表者となったのは、1926年から1933年に代表を務めたエリック・エフェルト (Erich Everth) であった。1926年には、『Zeitungswissenschaft(新聞学)』と題した最初の学術誌が、カール・デスター (Karl d' Ester) とヴァルター・ハイデ (Walther Heide) によって創刊された。1930年代には、ベルリンフリードリヒ・ヴィルヘルム大学にも新聞学部門が設けられた。その主任であったエミール・ドヴィファート (Emil Dovifat) は、長きにわたる闘争と幾多の議論を経て、映画ラジオもすべて新聞学の研究対象に含まれるものとし、新聞学の拡張を行なった。新聞学は、コミュニケーション学の先駆けであったと考えられる。

日本[編集]

新聞学科[編集]

日本大学には、もっぱら新聞学について教育する部門として新聞学科などが設けられている場合がある。 1932年上智大学の専門部に新聞科が設置された[3][4]。これはその後1948年に、学制改革を経て文学部新聞学科となった[3]GHQの指導により、戦後の1946年には早稲田大学政治経済学部に新聞学科がつくられた(1966年に新規募集を停止)[5]1947年には日本大学法学部に新聞学科が、1948年には同志社大学文学部社会学科に新聞学専攻が設置された[6]

学会[編集]

1951年に日本新聞学会が設立され、日本におけるマス・コミュニケーション研究の中心的な学会となっていたが[7]1991年の決定に基づいて、学会の名称は1993年日本マス・コミュニケーション学会へ改められた[8]

日本新聞学会が1952年から刊行していた学術誌『新聞学評論』は、学会名の改称を受けて、1993年から『マス・コミュニケーション研究』と改題された[9]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 世界大百科事典 第2版『新聞学』 - コトバンク
  2. ^ デジタル大辞泉『新聞学』 - コトバンク
  3. ^ a b 学科の歩み”. 上智大学文学部新聞学科. 2013年4月9日閲覧。
  4. ^ 新聞学科同窓会の歩み 新聞学科1931年~2002年
  5. ^ 早稲田大学とジャーナリズム | Journalism School
  6. ^ 概要・特徴 | メディア学科 | 同志社大学 社会学部/大学院社会学研究科
  7. ^ 日本マス・コミュニケーション学会(旧称・日本新聞学会)のご案内”. 日本マス・コミュニケーション学会. 2013年4月14日閲覧。
  8. ^ “新聞学会を改称 「日本マス・コミュニケーション学会」に”. 読売新聞・東京朝刊: p. 30. (1991年6月2日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  9. ^ マス・コミュニケーション研究 日本マス・コミュニケーション学会 編”. 国立国会図書館. 2013年4月14日閲覧。

関連項目[編集]