工藤氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
工藤氏
家紋
庵に木瓜
本姓 藤原南家為憲流
家祖 藤原為憲
種別 武家
支流、分家 伊東氏武家
伊藤氏武家
長野工藤氏武家
二階堂氏武家
鮫島氏(武家
栗谷川氏(厨川氏)(武家
入江氏武家
吉川氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

工藤氏(くどうし)は、日本氏族の1つ。

概要[編集]

工藤氏は藤原南家の流れである。仁寿8年(852年)に藤原為憲の官職が「木工助」であったため「工藤大夫」と称したのが源流。為憲の孫駿河守・維景(これかげ)は伊豆国狩野にあり、その子維職(これもと)は伊豆国押領使となっている。

その後、駿河に移住した駿河工藤に対して、東伊豆に移動した工藤氏の一派が「伊豆工藤」と称した。この「伊豆工藤」は後の「伊藤」姓の由来といわれる。また、伊豆工藤氏から分かれた奥州工藤氏は奥州移住前は甲斐に移住していた事が知られている。

伊豆における工藤氏は平安時代から鎌倉時代にかけて勢力の伸張に従い鮫島氏狩野氏伊東氏河津氏などそれぞれの地名を苗字とするようになった。中でも伊東氏南北朝時代日向に移住し大きく栄えた。

また一族の工藤行政は、鎌倉幕府に仕えた際、鎌倉二階堂に屋敷を構えたのを機に"二階堂"を称し、その子孫は二階堂氏となった。また、奥州工藤氏や狩野氏のように得宗被官化してそれを足がかりを勢力を広げる者もあった。

奥州工藤氏は後に「栗谷川氏(厨川氏)」を名乗り、煙山氏葛巻氏田頭氏など多くの分派を広げた。

家紋[編集]

工藤家の家紋は「庵に木瓜」である。庵とは簡素な家、仮住まいのような小さな家のことを指す。なぜ庵を家紋にしたのか未だに明らかにされていないが、理由の1つとして「家」を強く表示するためと言われている。その証しに、庵だけで紋を構成することは少なく、その家の本紋を組み込んでいる。木瓜を木工に通わせ木工助の職名を表した。それを家の形で示し意味を強調した。また、工藤家の家紋の中には丸に木瓜という物もある。(庵だけで紋を構成しているのは本家だけという説がある)

工藤一族[編集]

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 今野慶信「藤原南家武智麿四男乙麻呂流鎌倉御家人の系図」峰岸純夫 他編『中世武家系図の史料論』上巻 高志書院、2007年 ISBN 978-4-86215-029-5

関連項目[編集]