尾針神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尾針神社
Ohari-jinja shaden.JPG
社殿
所在地 岡山県岡山市北区京山2-2-2
位置 北緯34度40分29.25秒
東経133度54分30.87秒
座標: 北緯34度40分29.25秒 東経133度54分30.87秒
主祭神 天火明命
社格 式内社(小)論社
村社
本殿の様式 神明造
例祭 10月20日21日
テンプレートを表示
鳥居

尾針神社(おはりじんじゃ)は、岡山県岡山市北区にある神社式内社論社で、旧社格村社

祭神[編集]

主祭神
配祀神

祭神について、『吉備温故秘録』は尾綱根命や日本武尊とする説を挙げている[1]

歴史[編集]

岡山市街地の東西方の丘上に鎮座する。社殿背後には磐境とされる巨石群が残っているほか、丘の東斜面からは土師器須恵器が出土しており[1]、古くから生活が営まれていたことがうかがわれる。

創建は不詳であるが、一帯は古くは「吉備国御野郡伊福郷」と称され、伊福部連(尾張連の一族)の居住地であったという。そしてその祖神・天火明命を祀ったことに始まるとされている[2]。付近には同じく尾張氏ゆかりの式内社・尾治針名真若比咩神社が鎮座することから尾張氏との関係が示唆されており、伊福部氏が尾張から西遷したとする説[3]や、逆に吉備から尾張へ尾張氏が東遷していったという説[4]がある。

平安時代中期の『延喜式神名帳』には「備前国御野郡 尾針神社」と式内社の記載があるが、当社はその論社とされている。江戸時代には式内社の所在不明となっていたといい[1]、当時の文献では酒折宮(現 岡山神社)の社地が元の境内と記すものもある[1]。現在も岡山神社の末社の内に尾針神社が祀られており、論社のもう1つとされている。

明治初年までは「栗岡宮」と呼ばれていたという[1]。明治に入り「尾針神社」と改称した。近代社格制度においては村社に列した。

境内[編集]

摂末社[編集]

摂末社

祭事[編集]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本の神々』尾針神社項。
  2. ^ 尾針神社(岡山県神社庁)。
  3. ^ 明治時代の『延喜式内神社・国史見在之神社』に記されている(『日本の神々』尾針神社項)。
  4. ^ 下山宏昭「古代の尾張氏は吉備から東遷した氏族か?」(『岡山県謎解き散歩』(新人物文庫))。

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名体系 岡山県の地名』(平凡社)岡山市 尾針神社項
  • 谷川健一 編『日本の神々 -神社と聖地- 2 山陽 四国』(白水社)尾針神社項

外部リンク[編集]