小倉利丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小倉 利丸(おぐら としまる、1951年 - )は、日本経済学者社会学者[1]、教育者。専門は現代資本主義論、情報資本主義論。富山大学教授。ピープルズ・プラン研究所共同代表。東京都出身。男性

経歴・人物[編集]

東京大学大学院経済学研究科中退。

現代社会論の研究者として知られる。資本主義のグローバル化・反テロ戦争下の監視社会に対する批判的な視点から、民衆の安全保障について研究を進めている。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『ネットワーク支配解体の戦略』(1986年、影書房)
  • 『宗教・オカルテイズム批判』(1989年青弓社
  • 『アシッド・キャピタリズム』(1992年、青弓社)
  • 『カルチャー・クラッシュ 制度の壁に挑む文化のアクティビスト』(1994年社会評論社
  • 『搾取される身体性 労働神話からの離脱』(1998年、青弓社)
  • エシュロン 暴かれた全世界盗聴網 欧州議会最終報告書の深層』(2002年、七つ森書館)
  • 『路上に自由を 監視カメラ徹底批判』(2003年、インパクト出版会)
  • 『グローバル化と監視警察国家への抵抗 戦時電子政府の検証と批判』(2005年、樹花舎)
  • 『多様性の全体主義・民主主義の残酷 9・11以降のナショナリズム』(2005年、インパクト出版会)
  • 『抵抗の主体とその思想』(2010年、インパクト出版会)

共著[編集]

  • 『精神分析』(1986年、青弓社)編:石塚正英ほか
  • 『音の力』(1996年、インパクト出版会)
  • 『東アジア・交錯するナショナリズム』(2005年、社会評論社)共著:石坂浩一、和仁廉夫、塩沢英一

編著[編集]

  • 『イメージとしての帝国主義』(1990年、青弓社)共編:柏木博
  • 『働く/働かない/フェミニズム : 家事労働と賃労働の呪縛?!』(1991年、青弓社)共編:大橋由香子
  • 『コメンタール戦後50年 第6巻 労働・消費・社会運動』(1995年、社会評論社)
  • 『市民運動のためのインターネット―民衆的ネットワークの理論と活用法』(1996年、社会評論社)共編:栗原幸夫
  • 『監視社会とプライバシー』(2001年、インパクト出版会)
  • 『世界のプライバシー権運動と監視社会 : 住基ネット、IDカード、監視カメラ、指紋押捺に対抗するために』(2003年、明石書店)共編:白石孝、板垣竜太
  • 『危ないぞ!共謀罪』(2006年、樹花舎)共編:海渡雄一

翻訳[編集]

  • 『ポスト・サーヴィス社会―崩壊する高度技術社会の神話』(1984年時事通信社)著:バリー・ジョーンズ
  • 『転覆の政治学―21世紀へ向けての宣言』(1999年現代企画室)著:アントニオ・ネグリ

脚注[編集]

  1. ^ 本人は「わたしは社会学者ではありません」と述べている(集会案内:(9月21日)パレスチナと表現の<閾>をめぐって 執筆 : toshi 2014-9-20 2:04 - toshi(小倉利丸))。

外部リンク[編集]