寧辺郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寧辺郡
位置
DPRK Pyongbuk-Nyongbyon.PNG
各種表記
ハングル 녕변군
漢字 寧邊郡
発音 ニョンビョン=グン
日本語読み: ねいへんぐん
ローマ字転写 Nyŏngbyŏn-gun
テンプレートを表示

寧辺郡(ニョンビョンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国平安北道の東南部にある郡。核開発施設が集中することで知られている(寧辺核施設)。

地理[編集]

平壌から北へ約80kmの距離にある。清川江の北岸に位置し、その支流である九龍江が郡内を貫いて流れている。最高峰は北部にある香積山(ヒャンジョクサン/향적산、805m)。丘に囲まれた地形である。

西に博川郡泰川郡、北に雲山郡、東に球場郡と隣接し、南は平安南道に接する。

歴史[編集]

古代には高句麗渤海の領域であり、高麗時代には延州(延山府)・撫州と呼ばれた。のちに寧辺の名で呼ばれることになる通り、朝鮮西北辺境防衛の拠点であり、1012年には高麗の姜邯賛契丹と戦い、1216年には金就礪軍と戦っている。

朝鮮王朝時代には延山都護府・撫山県が設置され、1429年に両者をあわせて寧辺大都護府が置かれた。1624年には李の乱の舞台となっている。

1895年、府郡制(二十三府制)により義州府寧辺郡に改変された。翌1896年に十三道制が発足すると平安北道に属し、平安北道の観察使営(道庁)は本郡に置かれた。1905年に義州に移転するまで、寧辺は平安北道の道庁所在地であった。

1952年12月、北朝鮮の行政区域再編により球場郡香山郡が分割された。

1980年代には核関連施設の建設がはじまり、以来北朝鮮核問題の中で世界的に知られる地名となった。

文化・観光[編集]

  • 鉄甕城
九龍江と丘に囲まれた邑城は鉄甕城の異名で知られる。
  • 薬山東台
寧辺邑内にある、奇岩とツツジの名所。近代朝鮮の詩人・金素月の「寧辺薬山東台のつつじ」で知られる。

産業[編集]

古くから絹織物の名産地として知られた。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]