鉄山郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄山郡
位置
DPRK Pyongbuk-Cholsan.PNG
各種表記
ハングル 철산군
漢字 鐵山郡
発音 チョルサン=グン
ローマ字転写 Chŏlsan kun
テンプレートを表示

鉄山郡(チョルサンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国平安北道西部にある郡である。

地理[編集]

黄海西朝鮮湾)へ向かって南に張り出した鉄山半島がある。北西に塩州郡(ヨムジュグン)、北東に東林郡(トンニムグン)と接する。

海抜300mを越えない丘陵地帯で形成されている。 郡中央部には連帯山などの山地もあるが、高くはない。森は主に松とクヌギで形成されている。複雑な海岸線を持ち、南方の沖合いには島(カド/가도)など数十の島々がある。これらの地域では貝が豊富に産出される。

黄海に面した温暖な海洋性気候であり、平安北道では冬に最も暖かいところである。平均気温は摂氏8.9度で、1月平均は-7.9度、8月平均は24度。年降水量は900mm。

名勝地として、島にある石灰岩洞窟の馬仙窟(マソンゴル/마선굴)が有名。鉄山郡の島々は海鳥保護区域に指定されている。「薔花紅蓮伝」の舞台でもある。

歴史[編集]

高句麗渤海を経て高麗の領域となった。1018年には鉄州防禦使が設置された。朝鮮王朝期の1413年に鉄山と改称され、1415年に鉄山郡となった。17世紀初頭、の将軍毛文龍は、親明・反後金の姿勢を明らかにした朝鮮王朝(仁祖)の支持の下、島(皮島)など鉄山一帯を拠点として後金)の後背を脅かす遊撃戦を行い、結果として後金軍の朝鮮侵攻(丁卯胡乱)を招くことになる。

1945年8月15日の時点で、鉄山面・栢梁面・扶西面・余閑面・站面・西林面の6面104里があった。1952年の北朝鮮の地方行政区画再編により一部が東林郡塩州郡に分割され、鉄山面・扶西面・余閑面・栢梁面などの地域で鉄山郡(1邑28里)が再構成された。

東倉里[編集]

東倉里(トンチャンリ、동창리)は、鉄山郡東南部、鉄山半島の東部にある地区である。ミサイル発射基地が建設されている。

外部リンク[編集]