博川郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
博川郡
位置
DPRK Pyongbuk-Bakchon.PNG
各種表記
ハングル 박천군
漢字 博川郡
発音 パクチョン=グン
ローマ字転写 Pakch'ŏn kun
テンプレートを表示

博川郡(パクチョンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国平安北道の南部に位置する郡。1邑20里1労働者区から構成される。

地理[編集]

博川郡は、2つの川に挟まれた土地であり、沖積平野が大部分を占めている。

西から流れる清川江黄海に注ぐ河口部の北岸にあたる。また、北から流れる大寧江(テリョンガン)が海に注いでおり、雲田郡との境をなしている。

行政の中心地である博川邑は、大寧江東岸に位置する。

隣接行政区域[編集]

歴史[編集]

高麗時代には博陵あるいは博州と呼ばれていた。朝鮮王朝時代の1413年に博川郡となり、平安道に属した。

1945年8月15日の時点で、平安北道博川郡は、1邑7面で構成されていた。

1952年12月、北朝鮮の行政区画改編に伴い、博川郡のうち博川面・東南面・徳安面・両嘉面の全域、青龍面・嘉山面の各一部、寧辺郡の独山面、平安南道安州郡安州面の一部をあわせ、博川郡(1邑33里)が再編された。旧博川郡のうち、西部は雲田郡に分割されている。

1954年10月には寧辺郡から、1958年6月には雲田郡から、一部の里が編入された。1980年5月には3里1労働者区が安州郡に編入された。1997年5月には、孟中里が孟中労働者区になった。

交通[編集]

鉄道[編集]

郡の南部には平義線が走っており、孟中里駅がある。孟中里駅からは支線の博川線が出ており、行政の中心部である博川邑に通じている。

外部リンク[編集]