清川江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清川江
延長 217 km
流域面積 9553 km²
水源 狼林山脈
河口・合流先 黄海 西朝鮮湾
流路 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
流域 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
テンプレートを表示
清川江
各種表記
ハングル 청천강
漢字 淸川江
発音 チョンチョンガン
日本語読み: せいせんこう
ローマ字転写 Cheongcheon-gang
テンプレートを表示

清川江(せいせんこう、チョンチョンガン)は朝鮮民主主義人民共和国慈江道狼林山脈に水源を持ち、平安北道平安南道境を経て黄海に流れ出る河川。河口付近には新安州安州市)の町がある。

全長は217km、流域面積は9553km²。豊富な水量により、25万6000kw電力を供給することができる。

朝鮮半島三国時代には薩水と呼ばれ、612年隋の高句麗遠征高句麗の将軍乙支文徳がこの川の畔での大遠征軍を撃退した、いわゆる「薩水大捷」の舞台である。