宇田川榕菴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UtagawaYoan.jpg
ボルタ電池の解説(舎密開宗より)
化学実験図(舎密開宗より)

宇田川 榕菴(うだがわ ようあん、1798年3月9日寛政10年1月22日) - 1846年6月22日弘化3年5月29日))は、江戸時代後期の津山藩医で蘭学者。名は榕、緑舫とも号した。宇田川榕庵とも表記される。

概説[編集]

江戸詰めの大垣藩医江沢養樹の長男として江戸で生まれ育ち14歳の時に、父の師匠である津山藩宇田川玄真に才を見出され玄真の養子となった。養父・玄真に学び1817年に津山藩医となった後、津山藩主が御家門であったことから玄真とともに幕府に重用され1826年には天文方蕃書和解御用の翻訳員となってショメール百科事典の翻訳書『厚生新編』(こうせいしんぺん)の作成に従事する。

代々津山藩医の家柄であった宇田川家は蘭学の名門として知られ、養父である宇田川玄真、また玄真の養父である宇田川玄随、榕菴の養子である宇田川興斎も蘭学者、洋学者として知られる。

シーボルトとも親交があり、高橋輝和『シーボルトと宇田川榕菴 江戸蘭学交遊記』(平凡社新書、2002年)に詳しい。

玄真との共著で1822年から1825年にかけて『遠西医方名物考』(えんせいいほうめいぶつこう)、1828年から1830年にかけて『新訂増補和蘭薬鏡』(しんていぞうほおらんだやくきょう)、1834年ごろに『遠西医方名物考補遺』といった薬学書を出版している。

父子の逸話として、慕っていた養父・玄真の養生のために、榕菴は津山近辺の温泉の効能(泉質)を調べており、これが日本で初めて行われた温泉の泉質調査であったといわれている。

1822年(文政5年)『菩多尼訶経』(ぼたにかきょう)、1835年天保6年)に『理学入門 植学啓原』(りがくにゅうもん そくがくけいげん)を出版して西洋の植物学を日本にはじめて紹介した。菩多尼訶は植物学を意味するラテン語 Botanica字訳であり、経はその本文を経文になぞらえて執筆したことによる。

また、1837年(天保8年)から死後の1847年(弘化4年)にかけて日本ではじめての近代化学を紹介する書となる『舎密開宗』(せいみかいそう)を出版した。舎密は化学を意味するオランダ語 Chemie の字訳である。 舎密開宗の原著はイギリスの化学者ウィリアム・ヘンリー1799年に出版した Elements of Experimental ChemistryJ・B・トロムスドルフde:Johann Bartholomäus Trommsdorff)がドイツ語に翻訳、増補した Chemie für Dilettanten を、さらにオランダの Adolf Ijpeij がオランダ語に翻訳、増補した Leidraad der Chemie voor Beginnennde Liefhebbers, 1803(『依氏舎密』)である。 しかし、単なる翻訳ではなく Adolf Ijpeij による Sijstematisch handboek der beschouwende en werkdaadig Scheikunde(『依氏広義』)、スモーレンブルグ(F. van Catz. Smallenburg)のLeerboek der Scheikunde(『蘇氏舎密』)などの他の多くのオランダ語の化学書から新しい知見の増補や、宇田川榕菴自身が実際に実験した結果からの考察などが追記されている。

宇田川榕菴はこれらの出版に際し、日本語のまだ存在しなかった学術用語に新しい造語を作って翻訳した。酸素水素窒素炭素白金といった元素名や元素酸化還元溶解分析といった化学用語、細胞といった生物学用語は宇田川榕菴の造語である。

また、自然科学分野に留まらずオランダ語の度量衡に使用する単位についての解説『西洋度量考』やオランダの歴史、地理を解説した『和蘭志略稿』、コーヒーについての紹介『哥非乙説』(こひいせつ)なども記している。

なお、coffeeの日本語表記である「珈琲」は、この榕菴が考案し蘭和対訳辞典で使用したのが最初であると言われている。

墓所は泰安寺岡山県津山市)。

文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

http://www.lib.nakamura-u.ac.jp/yogaku/seimi/head.htm は削除されていて中村大学には存在しません。 http://www.geocities.jp/sm1930jp/seimi/seimi.html に置き換えては如何ですか。両方とも私が作ったので、ほぼ同じです。 みなかみしげき