ウィリアム・ヘンリー (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ヘンリー (化学者)

ウィリアム・ヘンリーWilliam Henry1775年12月12日 - 1836年9月2日)はイングランド化学者

マンチェスター生まれ。父トーマスは薬剤師

1795年から医学を学んだが病気によって中断し、学位を取得したのは1807年になってからだった。その間の時間を化学の研究に充てたヘンリーは、1799年に"An Epitome of Chemistry"を著した。この書は、ドイツ語訳、オランダ語訳を通して日本にも伝わり、1840年宇田川榕菴によって『舎密開宗』として出版された。

また、1803年、「気体の溶解度は圧力に比例する」とした論文を発表、この法則はヘンリーの法則と呼ばれている。

ペンドルバリーen)で亡くなる。