天満町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天満町駅から転送)
移動: 案内検索
天満町停留場
西広島方面ホーム
西広島方面ホーム
てんまちょう - Temma-cho
M14小網町 (0.3km)
(0.2km) M16観音町
所在地 広島市西区天満町
駅番号 M15
所属事業者 広島電鉄
所属路線 本線
キロ程 4.0km(広島駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1917年頃(2代目天満町停留場開業年)
広島駅方面ホーム

天満町停留場(てんまちょうていりゅうじょう、通称:天満町電停)は、広島市西区天満町にある広島電鉄路面電車停留場

複数回に渡って、隣接する観音町停留場と西天満町停留場(現存せず)の間で名称が変更されており、現存する天満町停留場は実質4代目にあたる。

構造[編集]

2面2線の相対式ホーム。路線のある道路が狭いためにホーム幅も狭く、屋根や柵がない。

運行系統[編集]

東行きホーム 0号線 日赤病院前ゆき・広電前ゆき
2号線 広島駅ゆき
3号線 宇品二丁目ゆき 朝時間帯は広島港ゆき
西行きホーム 2号線 広電宮島口ゆき
2号線3号線 広電西広島ゆき

周辺[編集]

付近は古くからの住宅街である。少し東へ歩いたところには天満川が流れる。

  • 広島市立天満小学校
  • 広島天満宮
  • 天満公園

歴史[編集]

以下、この項目において記述されている天満町停留場を便宜上「当停留場」とする。

  • 1912年(大正元年)12月8日 - 天満橋東詰付近に、初代天満町が開業(当停留場とは異なる)。
  • 1917年頃 - 現在地付近に移設。2代目天満町(当停留場)。
  • 1922年頃 - 初代天満町停留場が所在した場所に、天満橋が開業。当停留場は西天満町に改称。
  • 1929年頃 - 天満橋停留場が3代目天満町となる。当停留場も同時に観音町に改称(現存する観音町停留場とは異なる)。
  • 1936年昭和11年)7月11日 - 当停留場が、再度西天満町に改称。
  • 1942年(昭和17年)5月 - 3代目天満町停留場が廃止。
  • 1945年(昭和20年)8月6日 - 原爆被災により休止。
  • 1945年(昭和20年)9月9日 - 戦災復旧。同時に当停留場が4代目天満町となり、現在に至る。

関連項目[編集]