大迫明伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
オリンピック
1988 ソウル 86kg級

大迫 明伸(おおさこ あきのぶ、1960年11月27日 - )は、日本柔道家(6段)。宮崎県野尻町(現・小林市)出身。身長170cm[1]

1988年ソウルオリンピック(男子86kg級)銅メダリストで、現在は全日本柔道連盟強化コーチを務める。

経歴[編集]

23歳で強化選手入り[編集]

宮崎県中央部に位置する西諸県郡野尻町で、 農林業を営む大迫家5人姉兄の末っ子として生まれる[2]。柔道は、地元の紙屋中学校時代に始めた[3]。中学時代は無名選手だったが、県立宮崎商業高校の藤井猪徳監督(当時)に誘われ[3]1976年に同校へ入学。高校時代は藤井の家に下宿しながら3年間を過ごし[3]、高校3年次にはインターハイの団体戦でベスト8に入る。

1979年天理大学へ進学すると、2年次よりレギュラーとして活躍し[2]、この間に同大学は全日本学生優勝大会において、1980年3位、81年優勝、82年準優勝という好成績を収めている。1983年春、同大学を卒業。

大学卒業後は旭化成に籍を置き、23歳にして初めて強化選手入り[3]。大会でも、得意技の背負投を武器に講道館杯全日本実業選手権等で活躍し、徐々に頭角を現す。 1985年には体重無差別の全日本選手権に初出場を果たすと、緒戦で中国地区代表の板本健三を破り、続く2回戦で当時199連勝中の山下泰裕と対戦。試合は敗れたものの、試合中に山下を背負落で宙に浮かせ、会場を沸かせた[3]

失われた背負投[編集]

山下との善戦を終えた大迫は、選手権後には次の目標に五輪を据えると、国際大会での実績を積むために北朝鮮での国際大会に出場した[3]。86kg級で準優勝に甘んじたため無差別級にもエントリーした大迫だが、決勝戦で身長2mを超す北朝鮮代表選手の腋固[注釈 1]で左肘を脱臼。これにより、背負投型の選手にとって最も大事な釣り手を、大迫は使えなくなってしまった。

スポーツ外科という分野が未熟だった当時、「治る確率は五分五分」と言われた手術を受けるかどうか、大迫は悩んでいた[3]医者から「成功しても1年間は柔道をできない」と告げられたため、年齢的に後のない大迫は、手術をせずに手負いの状態で柔道を続ける決断をする。これは即ち、十八番の背負投を捨てる事を意味していた[3]

再起のため背負投に変わる得意技として一本背負投を磨くが、肘の痛みと戦いながらの稽古は熾烈を極めた。いつ癒えるとも判らない肘の故障に加え、時を同じくして腰椎分離症も併発した大迫は、国際大会に出場しても鳴かず飛ばずの成績が続き、1987年世界選手権の選考会で3位に終わった後に、旭化成柔道部の監督に引退を相談した[3]。 監督の説得もあり一旦は引退を思い止まったものの、その後すぐに全柔連の強化選手から外され一気に脱力。この時の心境を大迫は「何もかも終わりだと思った」と述懐する[3]

復活と念願の五輪出場[編集]

九州代表として臨む1988年の全日本選手権、この大会を最後に引退する事を決めていた大迫は、妻や実父を東京日本武道館に呼び寄せた[3]。不運にも下痢に悩まされながら臨んだ大会ではあったが、緒戦で若手のホープ・吉田秀彦を、2回戦で前年の世界選手権無差別級王者・小川直也を、3回戦ではベテランの日蔭暢年を破り、ベスト4に進出。準決勝戦では正木嘉美小外掛で宙を舞うも、この大会の3位入賞という実績が認められ、再び強化選手に指定された。 この大会について大迫は「体調が最悪だったにも拘らず活躍できたのは、“全国の人に俺の最後を見届けて欲しい”と開き直れたから」と振り返る[3]

現役続行を決めた大迫は直後の全日本体重別選手権で優勝し、同年9月開催のソウルオリンピックへの切符を手にした。同大会では準決勝戦でオーストリアペーター・ザイゼンバッハーに敗れたが、3位決定戦で前年の世界王者であるフランスファビアン・カヌーを僅差で退け、銅メダルを獲得[1]。 また、翌89年の全日本体重別選手権で連覇を達成すると、ベオグラードの世界選手権でも日本代表に選出された。しかし世界選手権では敗者復活戦の1回戦で敗退し、メダルには届かなかった。

1990年、旭化成のメンバーとして出場した団体戦で日本一に輝き、直後に現役を引退。この時30歳であった。

競技者から指導者へ[編集]

引退後は、旭化成のコーチに就任。2005年から2008年までは旭化成アミダスに所属。また、全柔連においてもジュニアヘッドコーチ、専任コーチ等を歴任し、現在はシニア強化コーチを担当。この間に井上康生らを担当した[3]。 自身のコーチ就任当初の失敗経験[注釈 2]を通し、指導者として“選手と同じ目線に立った指導”を心掛けている[3]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 体を捨てての腋固であったため、いわゆる「反則技」に当たる。
  2. ^ 旭化成のコーチ就任当初、大迫は厳しい指導方法を取り、選手の1人からB4用紙3-4枚の抗議文書を受け取った事がある。内容は8割方大迫に対する苦言で、要約すると“大迫先輩は上からの立場になり過ぎている”との事だった。

出典[編集]

  1. ^ a b Biography and Olympic Results
  2. ^ a b “テクニカル・セミナー第29回”. Sports Click (ベースボール・マガジン社). (2010年8月29日) 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n “転機-あの試合、あの言葉 第24回-大迫明伸-”. 近代柔道(2003年12月号) (ベースボール・マガジン社). (2003年12月20日) 

外部リンク[編集]