大橋鎮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大橋 鎮子(おおはし しずこ、1920年(大正9年)3月10日 - 2013年3月23日 正式には旧字体の“鎭”表記[1])は、日本の編集者エッセイスト

暮しの手帖社社主・前社長。妹の大橋芳子も「暮しの手帖」創業メンバーの一人で、エッセイスト。

経歴[編集]

東京生まれ。父親の転勤のため、1才で北海道に移住。だが、父親が肺結核になったため、東京に戻り、小学5年生の時に父が死去。

東京府立第六高等女学校(現東京都立三田高等学校)を1937年に卒業。日本興業銀行に入行し、調査課に勤務する。3年で退行し、日本女子大学に入学するが1年で肺結核となり、学業を断念。

大学を中退して静養ののち、創刊されたばかりの日本読書新聞に入社。編集部員大幅変更時、戦争末期の休刊時、戦後の復刊時と、常に編集部に所属した。

戦後、日本読書新聞でカットの仕事をしていた花森安治と知り合う。1946年、花森、妹の芳子らと共に衣装研究所(現・暮しの手帖社)を銀座で設立して社長となり、雑誌『スタイルブック』を創刊。1948年には花森編集長の元で『美しい暮しの手帖』(後の『暮しの手帖』)の創刊に参加。1951年社名を暮しの手帖社と変える。

1969年から長年にわたってエッセイ『すてきなあなたに』を同誌に連載。同エッセイにより1994年、第10回東京都文化賞を受賞した。1978年の花森の死去を受けて編集長となる。2004年に横山泰子に社長を譲り社主となる。

2013年3月23日午前8時37分、肺炎のため東京都品川区の自宅で死去[2]。93歳没。

著書[編集]

  • すてきなあなたに 1-5(編著)暮しの手帖社 1975-2006
  • 「暮しの手帖」とわたし 暮しの手帖社、2010

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 社の公式ウェブサイトを参照
  2. ^ 大橋鎮子さんが死去 「暮しの手帖」社主 47news 2013年4月1日

外部リンク[編集]