大同郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大同郡
位置
DPRK2006 Pyongnam-Daedong.PNG
各種表記
ハングル 대동군
漢字 大同郡
発音 テドン=グン
日本語読み: だいどうぐん
ローマ字転写 Taedong-gun
テンプレートを表示

大同郡(テドンぐん)は北朝鮮平安南道に属する郡。平壌に隣接する。

地理[編集]

平安南道の南西部に位置する。東に平壌直轄市、北に平原郡、西に甑山郡、西南に温泉郡、南に江西郡千里馬郡と境を接する。

歴史[編集]

もともと平壌とその周辺地域の行政単位で、平壌府に属していた。1914年に平壌が平壌府になった際に、周辺地域が平安南道大同郡となった。

北朝鮮成立後は、大同郡の一部が東の平壌市に編入される一方、周辺の郡から大同郡への編入も行われている。

年表[編集]

  • 1914年 - 平壌府から分離(17面)。
  • 1952年12月 - 順安面・東岩面・両花面・在京里面・斧山面・龍岳面が順安郡に分離され、林原面の一部・古平面・龍山面・金祭面と平原郡徳山面の一部が大同郡に編成された(1邑24里)。

外部リンク[編集]