夜の訪問者 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夜の訪問者
De la part des copains
Cold Sweat
監督 テレンス・ヤング
脚本 ドロシア・ベネット
ジョー・アイシンガー
シモン・ウィンセルベルグ
アルベール・シモナン
原作 リチャード・マシスン
製作 ロベール・ドルフマン
モーリス・ジャカン
出演者 チャールズ・ブロンソン
リヴ・ウルマン
ジェームズ・メイソン
ジル・アイアランド
音楽 ミシェル・マーニュ
撮影 ジャン・ラビエ
編集 ジョニー・ドワイア
配給 日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1970年12月18日[1]
イタリアの旗 1971年2月5日[1]
日本の旗 1971年4月10日[2]
アメリカ合衆国の旗 1974年6月[1]
上映時間 94分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

夜の訪問者』(よるのほうもんしゃ、原題: De la part des copains, 米題: Cold Sweat)は1970年に公開されたイタリアフランス合作の映画

ストーリーは1959年に発表されたリチャード・マシスンの小説『夜の訪問者』(Ride the Nightmare)を原作としている。

ストーリー[編集]

貸し船屋のジョー・マーティンは、夜遅くに家に帰ると妻のファビエンヌから無言電話があったと聞く。

ジョーはかかってきた電話に出ると、ファビエンヌに2階に行くよう言う。2階に上がったファビエンヌは、物音を聞き1階に降りると、見知らぬ男がジョーを殴り倒していた。その男はジョーの知り合いだという。ジョーは目を覚ますと、隙を見せた男を殺す。そして、ファビエンヌと死体を崖に捨てに行った。家に帰ると、ロス、カタンガ、ファウストがいた。その3人と殺した男は、ジョーが刑務所で出会った脱走仲間だった。ロスらはファビエンヌと娘のミシェールを人質にとり、裏切って逃亡したジョーに借りを返す意味で、悪事に手を貸すようにいう。

翌日、カタンガと船に乗りアヘンを取りに行くふりをし、カタンガを眠らせ空港に向かう。空港で、ジョーはロスの愛人モイラを待っていたファウストを気絶させ、モイラを誘拐し小屋に監禁する。ロスにモイラを誘拐したことを話し、妻と娘を開放するように言った。ジョーは妻と娘を連れて、ロスらとモイラを監禁した小屋まで行く。そこで、カタンガが銃を乱射しファウストが死に、ロスが重傷を負う。カタンガは死が迫ったロスを見捨て金を持ち逃げしようとするが、ロスが阻止する。ジョーは妻らをロスにまかせ、モイラと街に行き医者を連れてくることになった。ロスは死に際、ファビエンヌとミシェールを逃がすが、カタンガが追ってくる。ファビエンヌは枯草に火をつけ、カタンガをまく。医者を連れ戻ってきたジョーだったが、ロスはすでに死んでいた。カタンガに銃で脅され、船で目的地に連れて行くよう言われたジョーは、船で信号拳銃を見つけると、カタンガに向けて撃つ。火だるまになったカタンガは金と共に海に消えた。その後、ジョーは妻と娘を連れパリ祭の人ごみに入っていった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ版 TBS版
ジョー・マーティン チャールズ・ブロンソン 大塚周夫 瑳川哲朗
ファビエンヌ・マーティン リヴ・ウルマン 武藤礼子 中西妙子
ロス ジェームズ・メイソン 鈴木瑞穂 早野寿郎
モイラ ジル・アイアランド 有馬瑞子 小沢紗季子
カタンガ ジャン・トパール 山内雅人
ファウスト ルイジ・ピスティッリ 青野武
ホワイティ ミシェル・コンスタンタン 加藤精三
ミシェール・マーティン ヤニック・ドリュール 市原由美子

スタッフ[編集]

  • 監督:テレンス・ヤング
  • 製作:ロベール・ドルフマン、モーリス・ジャカン
  • 脚本:ドロシア・ベネット、ジョー・アイシンガー、シモン・ウィンセルベルグ、アルベール・シモナン
  • 原作:リチャード・マシスン
  • 撮影:ジャン・ラビエ
  • 音楽:ミシェル・マーニュ
  • 美術:トニー・ローマン
  • 編集:ジョニー・ドワイア
日本語版スタッフ
  • 字幕版
    • 字幕:落合寿和
  • 吹替版(日本テレビ版)
    • 演出:長野武二郎
    • 翻訳:古田由紀子
    • 制作:コスモプロモーション

脚注[編集]

  1. ^ a b c Release dates for De la part des copains”. IMDb. 2012年2月25日閲覧。
  2. ^ 夜の訪問者”. キネマ旬報社. 2012年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]