塩化銀(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩化銀(I)
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 7783-90-6 チェック
特性
化学式 AgCl
モル質量 143.321 g mol−1
外観 無色結晶
密度 5.56 g cm−3, 固体
融点

455 °C

沸点

1550 °C (分解)

への溶解度 0.00008 g/100 cm3 (10 °C)
構造
結晶構造 立方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −127.068 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 96.2 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 50.79 J mol−1K−1
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
2
0
関連する物質
関連物質 フッ化銀(I)
臭化銀(I)
ヨウ化銀(I)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

塩化銀(I)(えんかぎん いち、: silver(I) chloride)は、化学式が AgCl と表される塩化物である。単に「塩化銀」と言った場合は通常この塩化銀(I)を指す。天然には角銀鉱という鉱物として産する。

製法[編集]

塩素の直接反応のほか、銀イオンと塩化物イオンの反応によって生成する。この沈殿反応は塩化物イオンあるいは銀イオンの定性分析、あるいは定量分析に利用される。

2 Ag + Cl2 → 2 AgCl
Ag+(aq) + Cl(aq) → AgCl

性質[編集]

水溶液中ではほとんど電離せず弱電解質であり[2]、難溶性であるため沈殿となる。塩化物イオンの銀(I)イオンに対する錯生成定数は 103.04 である[3]溶解度積は以下の通りである[4]

AgCl  \rightleftarrows\ Ag+(aq) + Cl(aq),   Ksp = 1.6×10−10

配位子となるイオンや分子が存在すれば溶解する。チオ硫酸イオン、シアン化物イオン、アンモニアによってそれぞれ

AgCl + 2 S2O32−  \rightleftarrows\ [Ag(S2O3)2]3− + Cl
AgCl + 2 CN  \rightleftarrows\ [Ag(CN)2] + Cl
AgCl + 2 NH3  \rightleftarrows\ [Ag(NH3)2]+ + Cl

となって溶解することは広く知られているが、濃食塩水や塩酸にも錯イオンを作って溶解する。

AgCl + Cl  \rightleftarrows\ [AgCl2]

また濃厚な硝酸銀(I)あるいは過塩素酸銀(I)などの銀塩水溶液に対しても幾分溶解度が増大し、以下のような錯イオンを生成することが知られている[2]

AgCl + Ag+  \rightleftarrows\ [Ag2Cl]+
[Ag2Cl]+ + Ag+  \rightleftarrows\ [Ag3Cl]2+

感光性があり光によって容易に分解し、紫色を経て黒変する。

塩化銀(I)の白色沈殿をるつぼに入れて加熱すると455 °Cで融解する。その融解液を冷却すると固体になるが、イオン結晶でありながら塑性変形する。また電気伝導性があることが知られている。Ag-Cl 結合はある程度共有結合性を帯びる。

結晶構造[編集]

結晶は塩化ナトリウム型構造であり、その格子定数はa = 5.54 Å、Ag-Cl 結合距離は2.77 Åである[5]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ a b F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  3. ^ 日本化学会編 『化学便覧 基礎編 改訂4版』 丸善、1993年
  4. ^ 新良宏一、庄野利之 益田勲 共訳 『基礎分析化学』 三共出版、1982年
  5. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年