硫化銀(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硫化銀(I)
識別情報
CAS登録番号 21548-73-2
特性
化学式 Ag2S
モル質量 247.8 g/mol
外観 黒色の固体
密度 7.33g/cm3
融点

1098 K(825 °C

への溶解度 8.5-15g (水1 L)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -32.6 kJ/mol
標準モルエントロピー So 144.0 J/mol·K
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硫化銀(I)(りゅうかぎん いち、: silver(I) sulfide)は、化学式が Ag2S と表される硫化物である。黒色の固体で、天然では輝銀鉱として産出する。俗に言う銀の錆とはこの物質である。

合成[編集]

を放置すると黒変するのは、空気中の硫化水素と反応し、硫化銀(I)が生じるからである。

H2S + Ag → Ag2S + H2

また、硫黄の蒸気に銀を接触させると硫化銀(I)が生じる。

2 Ag + S → Ag2S

利用[編集]

陶器の着色などに用いる。

外部リンク[編集]