雷酸銀(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雷酸銀(I)
識別情報
CAS登録番号 5610-59-3
PubChem 62585
特性
化学式 AgCNO
モル質量 149.885 g mol−1
爆発性
衝撃感度 非常に高い
摩擦感度 非常に高い
危険性
主な危険性 爆発性 (E)
発火点 170 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

雷酸銀(I)(らいさんぎん いち、: silver(I) fulminate)は、化学式が AgONC で表される雷酸塩で、爆発性の物質である。シアン酸銀の構造異性体である。

性質[編集]

への溶解度は0.075 g/mL (13 °C) である。優秀な起爆薬であるが、高価であり爆発しやすいためあまり使われていない。加熱で容易に重合する。

製法[編集]

濃硝酸に銀を溶解させた酸性溶液にエタノールを加え慎重に加熱する。自然に反応が始まり、白煙が発生するので加熱をやめる。反応が終わると白色の沈殿物として得られる。

その他[編集]

通常は銀の価格が高価なため水銀塩が起爆薬として多用される。よく勘違いされる雷銀は略称ではなく銀鏡反応の失敗により生じる窒化銀Ag3Nのことである。

関連項目[編集]