炭酸銀(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
炭酸銀(I)
識別情報
CAS登録番号 534-16-7
PubChem 92796
ChemSpider 83768 チェック
特性
化学式 Ag2CO3
モル質量 275.75 g/mol
外観 黄緑色粉末
密度 6.077 g/cm3, 固体
融点

210 °C (分解)

への溶解度 0.0032 g/100 mL
溶解度 酸に可溶
危険性
MSDS External MSDS from Salt Lake Metals
EU分類 not listed
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

炭酸銀(I)(たんさんぎん いち、: silver(I) carbonate)は無機化合物の一種で、化学式 Ag2CO3 と表される炭酸塩である。

性質[編集]

淡黄色〜黄緑色の粉末。多くの炭酸塩の例に従い水には溶けにくい。また他の多くの銀塩に習い、感光して銀を遊離し、暗紫色ないし暗灰白色を呈する。熱分解により酸化銀(I)を経て単体の銀を与える。比較的不安定であり、高純度の炭酸銀(I)の長期単離保存は容易でない。

実験室的製法[編集]

炭酸アンモニウム水溶液との混合により乳白色の沈殿が生じる。炭酸水素ナトリウム、ないし炭酸ナトリウム水溶液と混合した場合は色が暗くなる。これは酸化銀(I)の沈殿を生じるためと考えられている[要出典]