角銀鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
角銀鉱
分類 ハロゲン化鉱物
化学式 AgCl
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 2.5
光沢 樹脂光沢
無色、灰褐色
条痕 白色
比重 5.6
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

角銀鉱(かくぎんこう、chlorargyrite)とは、ハロゲン化鉱物写真フィルムなどの工業用途に用いられる塩化銀(AgCl)の自然結晶である。塩化銀鉱ともいう。

概要[編集]

  • モース硬度は1から2。
  • 比重は5.55。
  • 外観は白色~黄褐色を呈し、結晶は数mm~1cmの立方形となるが剥離しやすい。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]