嘉慶帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嘉慶帝 愛新覚羅顒琰
第7代皇帝
清 佚名 《清仁宗嘉庆皇帝朝服像》.jpg
清仁宗嘉慶皇帝朝服像(北京故宮博物院蔵)
王朝
在位期間 1796年2月9日 - 1820年9月2日
姓・諱 愛新覚羅永琰(アイシンギョロ・ヨンヤン)
愛新覚羅顒琰(ぎょうえん:即位後)
満州語 aisin gioro yung yan
諡号 睿皇帝(sunggiyen hūwangdi)
受天興運敷化綏猷崇文經武孝恭勤倹端敏英哲睿皇帝
廟号 仁宗
生年 乾隆25年10月6日1760年11月13日
没年 嘉慶25年7月25日1820年9月2日
乾隆帝
孝儀純皇后
皇后 孝淑睿皇后
孝和睿皇后
陵墓 昌陵(colgoroko munggan)
年号 嘉慶(saicungga fengšen) : 1796年 - 1820年

嘉慶帝(かけいてい)は、の第7代皇帝ははじめ永琰(えいえん)、即位後に顒琰(ぎょうえん)と改めた。廟号仁宗(じんそう)。在世時の元号の嘉慶を取って嘉慶帝と呼ばれる。

生涯[編集]

乾隆帝の十五男として生まれ、乾隆60年(1795年)、85歳の乾隆帝から譲位を受けるが、実権は手放さなかったため嘉慶帝は飾り物の皇帝に甘んじた。

乾隆帝が嘉慶4年(1799年)に崩御すると、嘉慶帝は真っ先に乾隆帝が重用していた奸臣和珅(珅は王編に申)を誅殺した。周りの人間全てが和珅のことをろくでもない奸臣であると見抜いていたのに、耄碌した乾隆帝だけは和珅を信任し続けたために乾隆帝が生きている間はどうしようもなく、和珅は国家に入るべき歳入のかなりの額を懐に入れていた。和珅から没収した財産は実に国家の歳入の十年分に当たったといわれている。

和珅に代表されるように乾隆中期以降の清は綱紀弛緩が甚だしかった。嘉慶帝はこれを修繕しようと試みるが、あまり芳しい結果は得られなかった。この頃の中国の人口は100年前が2億ほどだったのに対して4億を突破していた(全体的にみれば比較的平和な状勢が続いたこと、そして何より、この頃に新大陸原産の作物であるトウモロコシサツマイモ落花生などが導入され、農業生産が伸びたためである)。しかしその一方で農業耕地はわずか一割ほどしか増加しておらず、必然的に一人当たりの生産量は低下し、民衆の暮らしは苦しくなっていった。そうした民衆は匪賊となり、白蓮教を紐帯とすることで政府に対する反乱となった。このような反乱は乾隆末期から起きていたが、中でも天理教徒の乱ではわずか80名足らずではあるが、反乱軍に紫禁城にまで踏み込まれ(癸酉の変)、矢を壁に射立てられた(この跡は現在でも残っている)。

嘉慶帝は『己を罪する詔』(皇帝自身による自己批判文書)を出し、事態収拾に当たったが上手くいかなかった。朝廷軍の満州八旗三世の春の長い平和により堕落しており、汚職には巧みであったが実戦にはまるで弱く、反乱軍に連戦連敗であった。窮した朝廷は反乱軍討伐を郷勇(きょうゆう)と呼ばれる義勇兵軍団に頼ることになった。この方策は成功し何とか反乱を鎮圧することができた。

これと並行して海では海賊が横行し、清の船を襲っていた。これは艇盗の乱と呼ばれる。この海賊の後ろ盾には西山党の乱大越の支配者になった阮氏三兄弟がいた。賊と阮氏の関係は解りきっているのだが阮氏に訴えても知らぬ存ぜぬで通されてしまう。政府は対策を李長庚に命じた。1777年以後、シャムに亡命していた阮氏の生き残り阮福暎は粘り強く西山朝への攻撃を継続していたが、西山朝の内紛を衝き、10年の戦いの後に西山朝を打倒した。事態は好転し、後ろ盾を失った海賊を李長庚は討ち滅ぼした。嘉慶9年(1804年)に嘉慶帝は阮福暎を越南国王に封じ、越南国(ベトナム)を正式の国号とした、阮朝は最初清に「南越」(南に越の国がある。この国は大きくて、南の天下を支配している)号を求めたが、嘉慶帝は「越南」(中国のはるか南方の僻地に越がある。さらにその南方にある国である)という国号を与えた。「南越」という国号に阮朝の領土的野心を警戒したという見方もある。

こうして清は何とか乱を乗り切った。しかし、以前は「万に満てば敵すべからず」と言われた満州族の軍隊が完全に堕落し、もはや全く役に立たなくなったことが露見したため、多数派の漢族に対する満州族支配に大きな不安を抱かせた。また反乱を鎮圧した郷勇が発展して、のちに曽国藩李鴻章によって作られる軍閥となり、満州族の地位を危ういものとした。これに加え、南の阮福暎の後ろにはフランスが迫ってきており、さらにこの頃からイギリスから密輸入されるアヘンが急激に増大するなど、鎖国の夢を破る西欧諸国の足音がひしひしと迫ってきていた。アヘンがのちのアヘン戦争を引き起こし、郷勇から発展した軍閥政権が清を滅ぼしたことを考えると、清の滅亡の萌芽はまさにこの時代にあったと言える。

嘉慶帝の陵墓は清西陵にある。

后妃[編集]

  • 孝淑睿皇后(ヒタラ氏、喜塔腊氏)皇二女(夭逝)、皇二子綿寧(道光帝)、皇四女荘静固倫公主の母
  • 孝和睿皇后(ニウフル氏、鈕祜禄氏、恭慈皇太后)皇七女(夭逝)、皇三子惇親王綿愷、皇四子瑞親王綿忻の母
  • 和裕皇貴妃(リンギャ氏、劉佳氏、諴貴妃)皇長子穆郡王(夭逝)、皇三女荘敬固倫公主の母
  • 恭順皇貴妃(ニウフル氏、鈕祜禄氏、如妃)皇八女(夭逝)、皇九女慧憫固倫公主(夭逝)、皇五子恵親王綿愉の母
  • 華妃(侯佳氏)皇六女(夭逝)の母
  • 簡嬪(関佳氏)皇長女(夭逝)の母
  • 遜嬪(沈佳氏)皇五女慧安和碩公主の母