白蓮教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白蓮教(びゃくれんきょう)は、中国南宋代から代まで存在した宗教。本来は東晋廬山慧遠白蓮社に淵源を持ち、浄土教結社(白蓮宗)であったが、弥勒下生を願う反体制集団へと変貌を遂げた。

概要[編集]

創始者は南宋孝宗期に天台宗系の慈昭子元だが、当初から国家からも既成教団からも異端視されていた。それは、半僧半俗で妻帯の教団幹部により、男女を分けない集会を開いたからだとされる。教義は、唐代三夷教のひとつ明教(マニ教)と弥勒信仰が習合したものといわれる。マニ教は、中国には694年長寿3年)に伝来し、「摩尼教」ないし「末尼教」と音写され、また教義からは「明教」「二宗教」とも表記された。則天武后官寺として首都長安城にマニ教寺院の大雲寺を建立している[1][2]

代には、廬山東林寺の普度廬山蓮宗宝鑑10巻を著し、大都に上京して白蓮教義の宣布に努め、布教の公認を勝ち得たが、すぐにまた禁止の憂き目に遭った。元代に、呪術的な信仰と共に、弥勒信仰が混入して変質し、革命思想が強くなり、何度も禁教令を受けた。

元末、政治混乱が大きくなると白蓮教の勢力は拡大し、ついに韓山童を首領とした元に対する大規模な反乱を起こした。これは目印として紅い布を付けた事から紅巾の乱とも呼ばれる。

の太祖朱元璋も当初は白蓮教徒だったが、元を追い落とし皇帝となると一転して白蓮教を危険視し、これを弾圧した。朱元璋が最初から白蓮教をただ利用する目的だったのか、あるいは最初は本気で信仰していたが皇帝となって変質したのか、真偽のほどは不明である[注釈 1]

その後も白蓮教は革命を望む民衆の間で信仰され続け、異民族支配に反抗する秘密結社の紐帯となっていた。清の乾隆 - 嘉慶期には大規模な反乱を起こしたが(白蓮教徒の乱)、1813年天理教徒の乱を最後に沈静化した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「明」の国号は、マニ教すなわち「明教」に由来したものだといわれている

参照[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]