呂号第五百一潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
呂号第五〇一潜水艦から転送)
移動: 案内検索

呂号第五百一潜水艦[1](ろごうだいごひゃくいちせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦

概要[編集]

もともとはドイツ海軍IXC40潜水艦U1224」で、1943年10月20日に竣工した。この艦はアドルフ・ヒトラーが、同盟国の日本がこの同型艦を量産してインド洋などでの通商破壊戦に使用することを期待して無償譲渡した潜水艦の一隻である。

しかしながら、譲渡後の海軍艦政本部による審査の結果、同艦は技術力に劣る日本海軍では生産不可能と判断されている。

1944年2月15日、日本海軍の艦籍に入り、伊号第八潜水艦で運ばれていた回航員(艦長:乗田貞敏少佐)がドイツ海軍の潜水艦学校において操艦に習熟した後、同年3月30日キールを出航し日本に回航するが、回航途中の5月13日大西洋カーボベルデの北西でアメリカ海軍駆逐艦フランシス・M・ロビンソン英語版」によって撃沈された。

呂号第五百一潜水艦長
  • 乗田貞敏 少佐:1944年2月15日[2] - 1944年8月26日 戦死認定、同日付 任海軍中佐[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争続篇』光人社、1984年 ISBN 4-7698-0231-5

関連項目[編集]