台北賓館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台北賓館
Taipei Guest House Front Near View.jpg
各種表記
繁体字 臺北賓館
拼音 Táibĕi Binguăn
通用拼音 Táibĕi Binguăn
注音符号 ㄊㄞˊ ㄅㄟˇ ㄅㄧㄣ ㄍㄨㄢˇ
発音: タイベイビングァン
台湾語拼音 Tâi pak Pin-kóan
テンプレートを表示

台北賓館(たいほくひんかん)は、台湾台北市中正区凱達格蘭大道1号に建つ中華民国の国家招待所(迎賓館)で、中華民国外交部が管理している。

概要[編集]

台北賓館は日本統治時代1899年に起工し、1901年に完成した建物で、もともとは台湾総督の官邸として建てられた。設計は当初福田東吾野村一郎が担当し、後に森山松之助も設計に携わった。

建物はバロック風の二階建てでありながら、日本風の庭園が広がる景観は、独特の雰囲気を醸し出している。

日本統治時代においては、台湾総督の暮らす住居と執務の場である官邸であった。また、迎賓館としても使用していたため、内装は豪華絢爛で、皇太子時代の昭和天皇をはじめ、数々の要人が宿泊した。

もっとも、住居としての使い勝手は、必ずしも良くなかったことから、この官邸を使用することは次第になくなり、田健治郎(第8代台湾総督)の時に、総督の日常生活を行う住居として数寄屋造りの別館が新設され、総督の公邸として使用された。

第二次世界大戦の終結後、建物は中華民国に引き渡され、以降迎賓館として使われるようになった。

日華平和条約はこの台北賓館で1952年4月28日に調印された。

見学[編集]

Taipei guest house front.JPG

台北賓館は戦後、長い間非公開とされていたが、2006年6月4日より年に数回の頻度で一般公開が行われるようになった。

2009年4月28日には、日華平和条約調印時の様子を再現した展示が完成。調印当時の日本側代表河田烈大蔵相、台湾側代表葉公超外交部長ら列席者5名の銅像や史料が陳列された。

ギャラリー[編集]

全景 
台北賓館別館(和館) 


外部リンク[編集]


座標: 北緯25度02分24秒 東経121度31分00秒 / 北緯25.0401度 東経121.5166度 / 25.0401; 121.5166