十二使君の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十二使君の乱
戦争:十二使君の乱
年月日965年
場所:ベトナム全土
結果:丁部領軍の勝利
交戦勢力
丁部領軍 十二使君
指揮官
丁部領 十二使君他
戦力
不明 不明
損害

十二使君の乱(じゅうにしくんのらん)は、呉朝の王である呉昌文の死去によって起こった965年から967年にかけての内乱のことである。呉朝の功臣丁公著の嫡子である丁部領によって鎮定された。

十二人の群雄[編集]

このような状況の中で、華閭(ニンビン省)において、後に丁朝を創建する丁部領が出現するのである。

鎮定までの経緯[編集]

使君陳覧と同盟を結び、范白虎を味方につけた丁部領は、他の使君たちを討伐していった。人民の支持のもと、連戦連勝ゆえに万勝王と尊敬された丁部領の前に、使君は次々に討伐され、投降していった。967年に国内は統一された。

その後[編集]

968年に丁部領は皇帝に即位し(丁先皇:ディン・ティエン・ホアン)国名を大瞿越(大きな越の国)とし、華閭(ホアルー)に都を置いた。

参考文献[編集]

  • ファン・ゴク・リエン監修『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』《世界の教科書シリーズ21》明石書店、2008年。