医者裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

医者裁判(いしゃさいばん、: Doctors' Trial: Ärzteprozess)は、1946年12月9日から1947年8月20日にかけてアメリカ合衆国ニュルンベルクで行ったナチ戦犯法廷。ナチス体制下で重役の地位にあった医師や医療関係者、ナチス・ドイツの人体実験安楽死計画に関与した者たちを裁いた。ニュルンベルク継続裁判と総称される12の裁判の中で最初に行われた裁判である。

23人の被告人が裁かれ、うち7名が絞首刑となった。裁判長はワシントン出身のウォルター・ビールス(Walter B. Beals)が務めた。その他の裁判官としてフロリダ州出身のハロルド・セブリングen:Harold L. Sebring)、オクラホマ州出身のジョンソン・クロフォード(Johnson T. Crawford)などがいる。

この裁判の判決文の中の「許可できる医学実験」と題された一節がニュルンベルク綱領である。

なお、人体実験の中心人物であるヨーゼフ・メンゲレは行方不明のまま死亡扱いとなり、1980年代になって逃亡先のブラジルで死亡が確認された。

23人の被告人[編集]

4つの訴因があった。

  1. 戦争犯罪人道に対する罪の陰謀。2と3の訴因で評価される。
  2. 戦争犯罪。本人の同意なしで行った医学実験安楽死計画への参加、強制収容所での囚人の虐殺への参加など。
  3. 人道に対する罪。2の訴因で評価される
  4. 犯罪組織(親衛隊)への参加。
名前 写真 地位 1 2 3 4 判決
ヘルマン・ベッカー=フライゼンク
de:Hermann Becker-Freyseng
01/Hermann Becker-Freyseng.jpg ドイツ空軍軍医大尉 起訴 有罪 有罪   1/懲役20年
のち10年に減刑
ヴィルヘルム・バイグルベック
en:Wilhelm Beiglböck
02/Wilhelm Beiglboeck KZ-Arzt.jpg ドイツ空軍顧問内科医 起訴 有罪 有罪   1/懲役15年
のち10年に減刑
クルト・ブローメ
en:Kurt Blome
03/Kurt Blome KZ-Arzt.jpg 全国保健指導者代理 起訴 起訴 起訴   無罪
フィクトール・ブラック
en:Viktor Brack
04/Viktor Brack Nürnberg 2.jpg 親衛隊上級大佐
武装親衛隊少佐
起訴 有罪 有罪 有罪 3/死刑
カール・ブラント
Karl Brandt
05/Karl Brandt SS-Arzt.jpg 親衛隊中将
アドルフ・ヒトラー付き内科医
起訴 有罪 有罪 有罪 3/死刑
ルドルフ・ブラント
Rudolf Brandt
06/Rudolf Brandt (SS-Mitglied).jpg 親衛隊大佐
ハインリヒ・ヒムラー個人秘書
内務大臣官房長
起訴 有罪 有罪 有罪 3/死刑
フリッツ・フィッシャー
Fritz Fischer
07/Fritz Fischer KZ-Arzt.jpg 親衛隊少佐
親衛隊内科医
カール・ゲプハルトの副官
起訴 有罪 有罪 有罪 2/終身刑
のち15年に減刑
1954年に釈放
カール・ゲプハルト
Karl Gebhardt
08/Karl Gebhardt, SS-Arzt.jpg 親衛隊中将
ハインリヒ・ヒムラー付き内科医
ドイツ赤十字社社長
親衛隊及び警察医師団外科医部長
起訴 有罪 有罪 有罪 3/死刑
カール・ゲンツケン
Karl Genzken
09/Karl August Genzken KZ-Arzt.jpg 親衛隊中将
武装親衛隊医師長
起訴 有罪 有罪 有罪 2/終身刑
のち20年に減刑
1954年に釈放
ジークフリート・ハントローザー
Siegfried Handloser
10/Siegfried Handloser NS-Arzt.jpg 陸軍軍医大将
国防軍衛生本部長官
起訴 有罪 有罪   2/終身刑
のち20年に減刑
1954年に釈放
ヴァルデマール・ホーフェン
Waldemar Hoven
11/Waldem Hoven.jpg 親衛隊大尉
ブーヘンヴァルト強制収容所医師長
起訴 有罪 有罪 有罪 3/死刑
ヨアヒム・ムルゴウスキー
Joachim Mrugowsky
12/Joachim Mrugoswski SS-Arzt.jpg 親衛隊上級大佐
医学博士
武装親衛隊衛生協会会長
親衛隊及び警察医師団衛生部長
起訴 有罪 有罪 有罪 3/死刑
ヘルタ・オーバーホイザー
Herta Oberheuser
13/Herta Oberheuser.jpg ラーフェンスブリュック強制収容所女医 起訴 有罪 有罪   1/懲役20年
のち10年に減刑
1952年に釈放
アドルフ・ポコルニー
en:Adolf Pokorny
14/Adolf Pokorny.jpg 内科医
皮膚と性病の専門家
起訴 起訴 起訴   無罪
ヘルムート・ポッペンディック
en:Helmut Poppendick
15/Helmut Poppendick.jpg 親衛隊上級大佐
親衛隊内科医
起訴 起訴 起訴 有罪 1/懲役10年
1951年に釈放
ハンス・ヴォルフガンク・ロームベルク
de:Hans Wolfgang Romberg
16/Wolfgang Romberg.jpg ドイツ航空実験協会航空医学部門所属の医師 起訴 起訴 起訴   無罪
ゲルハルト・ローゼ
en:Gerhard Rose
17/Gerh Rose.jpg 空軍軍医少将
熱帯医学部門長
ロベルト・コッホ協会教授
起訴 有罪 有罪   2/終身刑
のち20年に減刑
1955年釈放
パウル・ロストック
Paul Rostock
18/Paul Rostock (NS-Mediziner).jpg ベルリン外科医診療所医師
陸軍外科相談役
医学科学研究事務所長
起訴 起訴 起訴   無罪
ジークフリート・ルフ
de:Siegfried Ruff
19/Siegfr Ruff.jpg ドイツ航空実験協会航空医学部門検査官 起訴 起訴 起訴   無罪
コンラート・シェーファー
de:Konrad Schäfer
20/Konrad Schaefer.jpg ベルリン航空医学協会員の医師 起訴 起訴 起訴   無罪
オスカー・シュレーダー
de:Oskar Schröder
21/Oskar Schroeder.jpg 空軍軍医大将
空軍医療班検査官部長
空軍医療班長
起訴 有罪 有罪   2/終身刑
のち15年に減刑
ヴォルフラム・ジーヴァス
Wolfram Sievers
22/Wolfram Sievers.jpg 親衛隊大佐
アーネンエルベ事務長
起訴 有罪 有罪 有罪 3/死刑
ゲオルク・アウグスト・ヴェルツ
de:Georg August Weltz
23/Georg Weltz.jpg 空軍軍医中佐
ミュンヘン航空医学協会会長
起訴 起訴 起訴   無罪
  • 写真の列のソートボタンで元の順序に戻る。

外部リンク[編集]