フリッツ・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
医者裁判にかけられた際のフリッツ・フィッシャー

フリッツ・エルンスト・フィッシャーFritz Ernst Fischer1912年10月5日 - 2003年)は、ナチス・ドイツの医者。ナチスの人体実験に携わる。

略歴[編集]

ベルリン出身。ボンベルリンライプツィヒの大学で医学を学び、1938年にハンブルクの大学を卒業した。1934年に親衛隊(SS)隊員となる(最終階級は親衛隊少佐)。1937年6月に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党。武装親衛隊のホーヘンリュッヘン病院(Hohenlychen Sanatorium)に親衛隊中尉の医師として勤務。ここの主任医師はハインリヒ・ヒムラーの側近カール・ゲプハルトであった。

1940年にライプシュタンダーテ・SS・アドルフ・ヒトラーに軍医として従軍。しかし負傷したため、すぐにホーヘンリュッヘンに戻された。さらにラーフェンスブリュック強制収容所付きの医師となる。カール・ゲプハルトが同収容所で行った人体実験の助手役を務めた。

戦後、アメリカ軍ニュルンベルク継続裁判の一つ医者裁判にかけられた。終身刑判決を受けたが、1951年に15年に減刑され、1954年に釈放された。戦後は医師免許を返上の上で、インゲルハイムde:Ingelheim)の化学薬品メーカーベーリンガー社に勤務。インゲルハイムで死去。

外部リンク[編集]