八大山人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八大山人
八大山人

八大山人(はちだいさんじん、Bādà Shānrén、本名:朱耷(しゅ とう、Zhu Da)または朱由桵(しゅ ゆうすい)、1626年? - 1705年?)は、代末期から代初期の画家書家詩人(あざな)は雪個

生涯[編集]

江西省南昌に在した明朝の宗室のひとつ石城王の一族出身。少年の頃から詩文を詠むなど秀才であった。官吏を目指し、科挙試験を受けるため民籍に降り、初頭段階を経て応試の資格を得る。が、1644年に明朝そのものが瓦解したため、その夢は断たれた。

清軍の侵攻を避けて臨川県・進賢に逃げ、1648年に出家。その地の禅寺である耕香庵に入った。一説には、清朝が庶民に強制した辮髪を避けるためとも言われている。そこで仏道修業に励み、数年後には宗師となった。

仏門に入ってから20年後、百人近い弟子を持ち、寺の外にも評判が聞こえていたため警戒され、県令の胡亦堂の命により官舎に軟禁状態とされた。いっときは拘禁に耐えていたが、ついには僧服を焼き捨てて南昌へ奔走した。仏曹界から離れ、政治力の無い一庶民となったことにより警戒も解かれた。

その後、妻を娶ったことから、清の俗である辮髪にしたものと考えられている。世間との交流を避け、数少ない飲み友達と大酒を呑み、絵を描く生活を送った。画でも高い評判を得たがそれを売って富を蓄えるようなことはせず、知人に惜しげもなく与えたり、訪ねた寺の小僧にせがまれて渡したりする程度で、山人は貧窮の生涯を送った。

画風[編集]

水墨花鳥画の形式を基本とし、花卉や山水、鳥や魚などを多く題材としつつ、伝統に固執しない大胆な描写を得意とした。 だが、八大山人の筆を評するに、その描く鳥の足を一本のみで表したり、魚などの目を白眼で示すなど時に奇異とも取れる表現を用いている点を避けることは出来ない。白眼は、阮籍の故事に倣い中国では「拒絶」を表現するものとされる。そこから汲み取れるように、その作画の中には自らの出目であり滅び去った明朝への嘆きと、その眼に侵略者と映る清朝への、屈してしまったからこそ心中でより激しく沸き立つ反抗が暗に表現されている。

「八大山人」とは[編集]

晩年に近くなってからの号「八大山人」には、その由来について諸説がある。

僧でもあった経歴から仏教用語に由来を求める説がある。「六大」というあまねくものを網羅する意を更に拡げ「八大」としたとの内容だが、発狂して棄教した山人が名乗るには似つかわしくないとの反論もある。

一方、「八」「大」「山」「人」の四文字を潰し気味にサインした図柄が、一瞥して八大の二文字で「哭」や「笑」、4文字あわせて「哭之(これをこくす)」とも見えることから、清朝のものとなった世への厭世感に苛まれ、むしろこれらの字を崩して名としたとの説もある。

作品[編集]

ギャラリー[編集]

出典・関連文献[編集]

  • 周士心、足立豊編訳『八大山人 人と芸術』二玄社
  • 『八大山人字典』栗原蘆水編 二玄社 2004年
  • 石濤と八大山人 墨友莊主人 墨朋館,1952.3.
  • 八大山人と牛石慧 住友寛一編.墨友荘,1955.
  • 二石八大 住友寛一編 墨友荘,1956.
  • 石濤・八大山人 永原織治編 圭文館,1961.
  • 八大山人画冊妙品 筑摩書房,1971.
  • 水墨美術大系 第11巻.八大山人・揚州八怪 米沢嘉圃,鶴田武良著 講談社,1975.
  • 八大山人書画集 赤井清美編 東京堂出版,1975.
  • 清八大山人作品集.二玄社 1976. 書跡名品叢刊
  • 文人画粋編 第6巻 (八大山人).中央公論社,1977.4.
  • 八大山人 生涯と芸術 小林富司夫 木耳社,1982.3.
  • 八大山人字典 五味竹峰編 五峰書院,2002.5.
  • 小説「八大山人」『耕治人全集』第1巻 晶文社, 1988.12.
  • 司馬遼太郎『微光の中の宇宙』中央公論社1988年 のち文庫

外部リンク[編集]

八大山人『安晩帖』 NETTING BADA SHANREN'S FORGERS スミソニアン・マガジン