三藩の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三藩の乱
WuSangui.jpg
三藩の乱の主導者、呉三桂(中央)
戦争三藩の乱
年月日1673年[1]康熙12年)~1681年[2]康熙20年)
場所湖南陝西省
結果:清の勝利
交戦勢力
呉三桂
指揮官
康熙帝 呉三桂(平西王)
尚之信(平南王)
耿精忠(靖南王)
戦力
損害

三藩の乱(さんぱんのらん)は、清朝第4代康熙帝の1673年に起こった漢人武将による反乱[1]雲南呉三桂広東尚之信福建耿精忠が反乱を起こした[1][* 1]

三藩は滅亡後に南へ亡命した諸政権(南明)を指す事もあり、その場合は南明を前三藩[* 2]、呉三桂たちを後三藩として区別するが[4]、普通に三藩と言った場合は概ね呉三桂たちの方を指す。

事前の経緯[編集]

呉三桂、尚可喜、耿精忠の祖父耿仲明は元々の武将であり、明が李自成により滅亡した時に清軍に協力した功績でそれぞれの藩を領有する事を認められていた[3][5]。これらの藩王は藩内の徴兵権・徴税権・官吏任用権などを持っており清の中の半独立国家となっていた[3][6]。藩の存在を時の皇帝康熙帝は疎ましく思っており、中央集権体制を確立するために藩を廃止したいと願っていた[7]

1673年康熙十二年)、尚可喜が自らの引退と尚之信への継承を願い出た[8]。また、他の二人は政府の狙いを探るために自分達の藩の廃止を願い出た[6][8]。朝廷では藩の存廃について意見が対立したが、康熙帝は廃止を決し[8]、清朝は藩自体を廃止すると尚可喜に返答した[6]

乱の勃発と経過[編集]

藩の廃止決定を受けて、1673年11月呉三桂は「興明討虜」を旗印に自ら「天下都招討兵馬大元帥」と称して清に対する反乱を起こし、さらに翌1674年に国号を「周」とし元号「昭武」と定め貨幣の鋳造も行なった[8]

1674年(康熙十三年)、呉三桂は湖南を占領し、ここから軍を東西に分けて西は四川省陝西省へ、東は広西・福建へ進軍させ、同時に尚可喜・耿精忠に対して呼応の誘いをかけた[8]。1674年2月には陝西で提督の王輔臣が、広西で定南王の娘婿孫延齢が挙兵し、3月には耿精忠も誘いに乗って反乱を起こした[8]。1676年4月に広東の尚之信は反清勢力に包囲される形成となったため呉三桂に投降した[8]。これに加えて台湾から鄭経鄭成功の息子)も呼応し、一時は長江以南は全て呉三桂らの反清勢力の手に落ちたため、清は危機的状況となった[8][* 3]

呉三桂たちは満州族を追い出して漢族の世を取り戻すとの大義名分を掲げていたが、その漢族王朝であった明の亡命政権を南に追い詰めて滅ぼしたのは他ならぬ呉三桂であり、反清勢力の結集は不可能であった[8]。また、呉三桂たちの反乱はもとよりこれと言った方針があったわけではなく、自分達の権益を守るためのものであり、その思惑はそれぞれに異なるものであったことから、統一的な指揮系統を築くことができなかった[8]

これらの弱点により清側も徐々に盛り返し、八旗軍を中心に反乱軍を各個撃破する事に成功した[9]

1676年(康熙十五年)、6月陝西が鎮圧され、10月には対岸の台湾の鄭経と対立した耿精忠が、更に12月には尚之信及び広西の孫延齢の後を継いだ孔四貞が清に降伏した[9]1678年(康熙十七年)3月、劣勢に立たされた呉三桂は意気を上げるために湖南省衡州(衡陽)で皇帝に即位したが、同年8月に病死した[9]

事後[編集]

大将を失った反乱軍は呉三桂の孫の呉世璠(璠は王ヘンに番)が皇帝を継ぎ、雲南に撤退したものの、1681年に清軍に攻められて、10月呉世璠は自殺、乱は終結した[9]

その後の1683年には鄭経の息子が降伏し、国内の反清勢力は一掃された[9]。康熙帝による君主独裁が完成し、康熙、雍正、乾隆の3代皇帝による清の絶頂期がもたらされる事となった[10]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 雲南の「平西王」呉三桂、広東の「平南王」尚之信、福建の「靖南王」耿精忠の三藩に加え、桂林の「定南王」孔有徳の娘孔四貞と娘婿孫延齢の四藩があった[3]
  2. ^ 江南各地で成立した明の後継政権で主要な「福王」、「唐王」、「桂王」を前三藩とし、これに「魯王」を加えて四藩とすることもある[4]
  3. ^ この頃北方のチャハル(察哈爾)では1675年3月にブルニ(布爾尼)、南方のベトナムでは莫元清が三藩の乱に呼応した[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c 岸本、宮嶋 (1998)、p.239
  2. ^ 岸本、宮嶋 (1998)、p.241
  3. ^ a b c 細谷 (1999)、p.339
  4. ^ a b 細谷 (1999)、p.330
  5. ^ 岸本、宮嶋 (1998)、pp.239-240.
  6. ^ a b c 岸本、宮嶋 (1998)、p.240
  7. ^ 細谷 (1999)、pp.338-339.
  8. ^ a b c d e f g h i j k 細谷 (1999)、p.340
  9. ^ a b c d e 細谷 (1999)、p.341
  10. ^ 細谷 (1999)、p.345

参考文献[編集]