児玉誉士夫邸セスナ機特攻事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

児玉誉士夫邸セスナ機特攻事件(こだまよしおていセスナきとっこうじけん)とは、1976年昭和51年)3月23日児玉誉士夫の私邸に小型航空機特攻したテロ事件である。別名を児玉誉士夫邸セスナ機自爆事件ともいう。

なお、実際に特攻したのはパイパー社製PA-28機。

事件の概要[編集]

特攻に使われたPA-28-140の同型機

大物右翼のフィクサーと呼ばれていた児玉(当時65歳)はアメリカ合衆国の航空機メーカーのロッキード(現在のロッキード・マーティン)の秘密代理人として暗躍しており、全日本空輸にロッキードの旅客機を購入させるために政治工作した、所謂ロッキード事件の首謀者の一人であった。そのため、事件の中心人物と目され、衆議院で証人喚問がおこなわれるはずであったが、直前に病気を理由に出席しなかった。なお、児玉は脱税などにより3月13日に起訴されていた。

そうした中、東京都世田谷区等々力にあった私邸で静養中の3月23日午前9時50分頃、PA-28-140型機(機体記号:JA3551)が自宅に突入し爆発炎上した。この火災で児玉邸の2階一部が類焼し、家政婦が負傷したが、別室で就寝していた児玉本人は無事だった。

突入したのは東京都の調布飛行場を離陸した2機の内の1機で、直前まで機長とカメラマンら3人が搭乗したセスナ172M型機(機体記号:JA3732)と編隊飛行をしており、新宿上空でJA3551機の写真撮影を行っていた。その撮影を終えた帰途に突入したものであった。この機体の残骸から操縦士の遺体が発見されたが、航空事故ではなく覚悟の特攻という自爆テロ行為であった。この行為に対しアメリカのメディアは「最後のカミカゼ」などと報道した。

事件の背景[編集]

「特攻機」を操縦していたのは子役出身で映画野良猫ロック日活ロマンポルノに「前野霜一郎」の芸名で出演していた俳優前野光保(当時29歳)だった。

彼は児玉に敵対する左翼思想の持ち主ではなく、むしろその逆であった。かつては右翼の運動家であった児玉を尊敬し、三島由紀夫にも心酔していた。

そうした中、ロッキード事件に絡んで起訴された児玉に対し裏切られたと感じた前野は、彼を「利権屋」と断じ、「天誅を下すべき」だとの思いから特攻に及んだものであった。事件前に犯行計画を知人に話していたという。また、警視庁は背後関係はなく前野の単独犯と断定している。

前野は調布飛行場から午前8時50分に離陸したが、その前に「映画のため」と言って記念撮影をしており、その際に第二次世界大戦神風特攻隊特攻服を身に付けていた。また、離陸時には「七生報国」と書かれた日の丸の鉢巻をしていた。彼は特攻直前最期の無線通信では「天皇陛下万歳!」と叫んでいた。まさに現代の神風特攻隊を演じきっていたといえる。

参考文献[編集]