交響曲第2番 (バーンスタイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レナード・バーンスタイン交響曲第2番不安の時代』(Symphony No. 2 "The Age of Anxiety")は1947年から1948年にかけて作曲された、バーンスタインの2作目の交響曲である。前作と同じく標題を持ち、英国の詩人、W・H・オーデンによる詩『不安の時代』に触発されて作曲された。詩の内容は第二次世界大戦末期のニューヨークで暮らす4人の人間の孤独を描いたものである。各楽章の標題は詩に従い、音楽の内容も詩を描写するものとなっている。

なお、ピアノの独奏が用いられており、多分にピアノ協奏曲の性格が強い。これは作曲者自身がピアニストでもあったことによる。

構成[編集]

曲は大きく分けて2部に分けられる。第1部は第1~3楽章からなり、続けて演奏される。また第2部は第4~6楽章であり、同じく続けて演奏される。

  • 第1楽章「プロローグ」:Lento moderato - Poco piu andante
  • 第2楽章「7つの時代」:Variations1-7
  • 第3楽章「7つの段階」:Variations8-14
  • 第4楽章「挽歌」:Largo - Molto rubato
  • 第5楽章「仮面舞踏会」:Extremely fast
  • 第6楽章「エピローグ」:L'Istesso tempo

楽器編成[編集]

大きな打楽器群を除けば標準的な三管編成である。