二次代謝産物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二次代謝産物(にじたいしゃさんぶつ、二次代謝物、: secondary metabolite)は、生物細胞成長、発生生殖には直接的には関与していない有機化合物である[1]一次代謝産物とは異なり、二次代謝産物の欠如は、即時の死に至らないが、生物の生存や繁殖力、美しさにおいて長期間の障害を与えるか、あるいは顕著な変化は全くないこともある。二次代謝産物は、しばしば狭い範囲の系統学的グループに属する種に制限される[2]。二次代謝産物は植物感染防御[3]やその他の種間の防御に重要な役割を果たしている場合が多い。

区分・分類[編集]

人類に興味を持たれている二次代謝産物のほとんどは、それらの生合成的な起源に基づいて分類されている。二次代謝産物は一次代謝産物合成酵素から変異した酵素を用いたり、一次代謝産物の基質を「借用」したりするため、下記の分類に属する化合物群が全て二次代謝産物という訳ではない(例えばステロイドなど)。

小さな「低分子化合物」[編集]

大きな「低分子化合物」[編集]

非「低分子化合物」[編集]

DNARNAリボソーム多糖類など古典的な生体高分子

脚注[編集]

  1. ^ Fraenkel, Gottfried S. (May 1959). “The raison d'Etre of secondary plant substances”. Science 129 (3361): 1466–1470. doi:10.1126/science.129.3361.1466. 
  2. ^ open2.net. “Chemical plants”. the world around us. 2010年11月8日閲覧。
  3. ^ Stamp, Nancy (March 2003). “Out of the quagmire of plant defense hypotheses”. The Quarterly Review of Biology 78 (1): 23–55. PMID 12661508. 

関連項目[編集]

  • 二次代謝
  • 毛状根培養:植物体の組織培養において、様々な二次代謝産物を効率的に生産する手法。