二次代謝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二次代謝(にじたいしゃ)とは、生物自身が生合成し、生物が生育する上で必要不可欠ではない(と考えられていた)代謝経路および低分子化合物のことであり、有名なものとして抗菌物質色素などが挙げられる。二次代謝は様々な生物種が行っており、様々な生理活性を持つものがある。代表的な二次代謝産物として、テルペノイド系化合物、ポリケタイド系化合物、アルカロイド化合物などがある。