乃木静子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「乃木靜子」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

乃木 静子(のぎ しずこ、安政6年11月6日1859年11月29日) - 1912年大正元年)9月13日)は、幕末明治期の女性で、陸軍大将乃木希典の妻。

生涯[編集]

生誕地(鹿児島市甲突町)

安政6年(1859年)11月6日、鹿児島藩医湯地定之貞子夫妻の4女(7人兄弟姉妹の末っ子)として薩摩国鹿児島郡鹿児島近在塩屋村(現在の鹿児島県鹿児島市甲突町)に出生。幼名お七、またはお志知

明治5年(1872年12月2日数え14歳の時に海外留学から帰国した長兄・定基に呼び寄せられる形で家族揃って東京赤坂溜池2番地の湯地定基邸に転居、東京府麹町区にある麹町女學校に入学する(麹町女學校は明治初期に創立され、明治中期に廃学になったため、現存しない。また、麹町学園が麹町女學校の流れをくむと噂されるも、確たる証拠はいまのところ発見されていないが、それを示唆する文献は多数存在する)。

陸軍軍人伊地知幸介野津鎮雄らの勧めにより、躊躇しながらも数え20歳で乃木希典と結婚。「静子の方が希典に対して興味・想いを持っていた」とされる文献もあるが、これは間違いである。事実は逆で、希典の方が「鹿児島の女子しか嫁に貰わぬ」と述べている。

長男・勝典を始め、4人の子宝に恵まれるが、勝典と次男・保典を残し、下の二人は生後、間もなく夭折する。新婚当時は生活も厳しく、貧しい生活をしている上に姑・壽子(ひさこ、久子表記での文献有り)との確執もあり、苦労・苦悩が続き、1年半ほど勝典・保典を連れて別居している。

日露戦争が開戦すると、出征する希典(出征時は陸軍中将)・勝典・保典(二人とも出征時は既に陸軍少尉)に銀座の高級化粧品店・資生堂で1つ9円もする香水2つと8円の香水1つの計3つを購入して贈った。当初、静子は9円の香水を3つ購入して3人にそれぞれ贈るつもりだったが、9円の香水が2つしかなかったため、9円の香水を勝典と保典に、8円の香水を希典に贈った。当時の9円というのは、成人女性が精一杯働いて稼ぐことの出来る平均給与の約2か月分に相当する。静子がそこまでして高価な香水を贈ったのは、もし戦死した後、遺体から異臭が放たれれば夫と愛息子が不憫この上ないという妻として、母親としての哀しいまでの家族を想いやる愛の表現であった。

1904年(明治37年)5月27日、勝典が金州南山(通称:金山または南山)で銃弾に打たれて腸を損傷、向こう側が丸見えになるほどの風穴が開き、軍医による手術・治療を受けるも出血多量で戦死した(死後、1階級特進で陸軍中尉に昇進)。この後、勝典の戦死の知らせを聞いた静子は深い哀しみに暮れ、三日三晩泣き続け、一説には血の涙を流したともいわれる(恐らくは血を流しているかのように見えるほど赤く泣き腫らした顔を指しているものと想われるが、実際に血の混じった涙を流したと記す文献もあり、真偽は不明)。

1904年(明治37年)11月30日、苦戦を強いられていた帝国陸軍は第3軍司令官・希典と児玉源太郎大将の戦略で203高地を進軍していたが、この時に保典が砲弾に撃たれたショックで岸壁から滑落、岩場に激突し、頭が砕けて戦死した(即死。保典も勝典と同じく、1階級特進で陸軍中尉昇進)。不思議なことに、保典が戦死したという知らせを聞いた時、静子は何故か勝典が戦死した時のようには泣き崩れず、落ち着いた様子で戦死の事実を受け入れたという。一説には保典が戦死する事を予知していたのではないかとも言われる。

全ての子供を先に亡くした静子は、そのショックから生きた感じを見受けられないような外見になっていたといわれる。晩年は盆栽などをわずかな楽しみとしたといわれる。

1912年(明治45年)7月、明治天皇糖尿病により崩御、その後の1912年(大正元年)9月13日、明治天皇を追って殉死した希典と共に乃木邸(現在の港区赤坂にある乃木神社)にて胸を突き死亡した。享年54(満52歳)。

性格[編集]

  • 末っ子として誕まれたこともあってか、両親・兄姉らに蝶よ花よと大切に育てられた為、性格は内向的で、体もさほど丈夫ではなかった。
  • 当時はまだ写真撮影が高価な時代であったため、若いころの写真が残っておらず(あっても本人か否かを特定できない為)、本人であると確認できる写真は晩年のころのものしか無いが、若い頃は顔立ちの美しい女性だったと言われる。

辞世の句[編集]

出でましてかへります日のなしときく けふの御幸に逢ふぞかなしき

家族[編集]

乃木家[編集]

湯地家[編集]

  • 父 - 湯地定之(さだゆき):鹿児島藩侍医
  • 母 - 湯地貞子(さだこ):鹿児島藩士である池田家の娘で、結婚前の幼名は天伊(てい)。次女・三女の結婚後の名前に「てい」の読みがあるのは実母の幼名から採られている。
  • 長兄 - 湯地定基(さだもと):貴族院勅撰議員根室縣(1843-1928)。
  • 次兄 - 湯地定康(さだやす):海軍大尉
  • 末兄 - 湯地定監(さだのり):海軍機関中将、貴族院勅撰議員。名は「ていかん」と読まれることが圧倒的に多いが、これは誤読である。通称もしくは有職読みと考えられる。
  • 長姉 - 名前不明:夭折。永らくの間は次女と同一人だとされていたため、名前も「馬場貞子」と思われていた。
  • 次姉 - 幼名不明:結婚後に馬場貞子(ていこ)となる(母親の名前と同じ字画なので区別するためと想われる)。姉の夭折により実質的な長女として育てられたため、永らくの間は本来の長女の名前が馬場貞子であるとされ、次女である当人が夭折したとされていた。自決した希典・静子夫妻の遺体を発見したのは彼女である。
  • 末姉 - 湯地お六:結婚後に柴テイとなる(てい・てい子・テイ子などと表記する文献もある)。静子と最も歳が近いため、特に仲が良かったといわれる。
  • 甥 - 湯地孝国文学者。定監の子。
  • 大甥 - 湯地朝雄文芸評論家。孝の子。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]