伊地知幸介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊地知 幸介
Ijichi Kosuke.jpg
伊地知幸介
生誕 1854年2月3日
日本の旗 薩摩国
死没 1917年1月23日(満62歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1879 - 1913
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

伊地知 幸介(いぢち こうすけ、安政元年1月6日1854年2月3日) - 大正6年(1917年1月23日)は、薩摩国出身の陸軍軍人。爵位は男爵。陸軍での最終階級は中将

経歴[編集]

薩摩藩士伊地知直右衛門の長男として生まれる。薩摩閥の1人であり、最初の妻は陸軍元帥大山巌御親兵(後の近衛兵)に抜擢されて上京陸軍幼年学校を経て、明治8年(1875年)12月に陸軍士官学校入学。明治10年(1877年)4月から翌月まで西南戦争に出征した。明治12年(1879年)2月、砲兵少尉に任官し、同年12月、陸軍士官学校を卒業。

明治13年(1880年)にフランス、4年後にドイツに留学。この間にドイツ参謀総長大モルトケから彼の信頼する参謀将校デュフェ大尉を紹介され戦略戦術の指導を受けているが、これに乃木希典も講義を受ける事になり伊地知が通訳などの世話をしている[1]。明治22年(1889年)11月、砲兵少佐に進級し、野戦砲兵第1連隊大隊長に就任。日清戦争時には第2軍参謀副長として出征した。その後、大本営参謀参謀本部第1部長、英国駐在武官を務める。

明治33年(1900年)4月、陸軍少将に昇進。同年10月、参謀本部第1部長となり、野戦砲兵監京城公使館付などを歴任。明治37年(1904年)5月、第3軍参謀長に就任し、日露戦争における旅順攻略を実施。明治38年(1905年)1月、旅順要塞司令官に任命され、東京湾要塞司令官に転じ、明治39年(1906年)7月、同期首席で陸軍中将に進んだ。

明治40年(1907年)9月、日露戦争の功により男爵となる。明治41年(1908年)12月、第11師団長に親補され2年弱在任。明治43年(1910年)11月に待命、翌年11月、病気により休職。大正2年(1913年)1月、予備役編入となった。

日露戦争時[編集]

朝鮮駐在ロシア公使パブロフと伊地知

日露戦争開戦直前の明治37年1月、野戦砲兵監であった伊地知は突然本職を免じられ韓国公使館武官となる。日露開戦にあたり露国の機先を制するため、参謀本部は有為の人物を韓国に派遣して情報任務や特別任務に従事させたが、この一員であった。開戦初頭の大陸進出を容易に行うため、韓国臨時派遣隊(木越旅団)の宿舎の準備などが行われた。また臨時派遣隊の到着を翌日に控えた2月8日に晩餐会を開くといった欺瞞行為を実行した。翌日9日の仁川沖海戦ののち臨時派遣隊は無事上陸を果たした。開戦後に生じた、露国公使及び公使館付護衛部隊の処理という問題の解決についても、伊地知の尽力が大きかった。伊地知はフランス語が堪能であり、西洋の風俗習慣に精通していたことから、外国人間において特に信任を得ていたという。 また、当時日韓両国間での難問であった日韓議定書締結問題についても関与しており、2月頃に韓国内の反対派を排除することに成功している[2]。 伊地知の公使館付武官としての任期は二ヶ月のみで、同年3月には帰国し、再度、野戦砲兵監に任じられる。

その後、旅順要塞攻撃のために編成された第3軍 (総司令官・乃木希典大将)の参謀長に就任した(旅順攻略戦の推移と状況は旅順攻囲戦の項を参照のこと)。

第3軍は、大連から遼東半島を西進してゆく過程でロシア軍の防禦陣地との戦闘を幾度も経験し、ロシア軍の防御が堅固であることを十分に認識していた。為に伊地知は慎重な態度を取るようになった。

第3軍は7月30日には露軍を要塞内へ追いやり包囲を完成させた。包囲が成る頃に井口省吾満州軍総司令部参謀が第3軍司令部を訪問をする。総司令部は既に北方に進んでおり、井口は病気のため大本営に残っていたのを総司令部に合流する途中に立ち寄った。大本営は第3軍を早期に北方戦線に加入させたいという思惑があり、また旅順要塞の攻略を楽観視していた。井口は、大本営の意向である「旅順攻撃の時日を短縮すべきこと」を司令部に要請するが、遼東半島各地での戦闘でロシア軍の堅固な防御を実戦で経験し慎重な態度をとるようになっていた伊地知ら第3軍側は、「急進突撃一挙これを陥るる如きは必敗を免れざる」と頑として拒否した。ために両者の仲は掴み合い寸前にまで険悪なものとなったと伝えられる[3]

包囲後、軍司令部は柳樹房なる場所に置かれた。ここもしばしば敵弾に見舞われる場所であったが、第一回総攻撃にあたっては戦闘司令所は激戦地となった東鶏冠山北堡塁から3kmという場所(団山子東北方高地)にまで進められ、主にここで指揮が取られた。総攻撃の攻撃方法は「強襲法」が選択された。この選択にあたっては、当時、「フォン・ザウエルの強襲戦法」なるものが兵学界を風靡していた事[4]が影響していると思われる[5]。 旅順要塞は各保塁をコンクリート(当時は仏語のベトンと呼ばれていた)で囲い、堡塁間には塹壕を掘って鉄条網を敷いた防御線を3重に渡って施設した近代要塞で、機関銃、大砲、地雷をもって防禦されており、第一回総攻撃は大損害を被り東西盤龍山堡塁の確保という戦果に留まり失敗に終わった。

総攻撃中止後、柳樹房にて以後の攻撃方法が議論された。軍司令部側は強襲法を取りやめ、兵站参謀井上幾太郎工兵少佐の提案する正攻法に切りかえる案を提案したが、実戦部隊である各師団代表は強襲法の継続を主張した。議論の決を採るべき立場の伊地知は採決を取ることができず、最終的に乃木の決断によって正攻法の採用で決着した[6]

内地では大口径砲を旅順戦に用いることが決定され、二十八糎榴弾砲6門が配属されることになった。これは9月上旬に到着し、10月初頭には試射が行われている。また更に6門が増加配属され、中旬に更に6門が増加配属となり、合計18門が旅順攻囲戦に使用されることになった[7]

攻囲戦の途中、攻略が遅いことを理由に満洲軍総司令部大本営から第3軍司令部の人事刷新の意見が出されたこともあったが、明治天皇大山巌の反対により却下され、攻略戦の終結まで第3軍参謀長として任務を全うした。攻略戦後は旅順要塞司令官に任命され軍参謀長としての職務を終えた。日露戦争終結後の国内凱旋は、北方より帰還する第3軍司令部に同道した。

評価[編集]

伊地知の評価には否定・肯定両論が存在している。

否定側の考えを代表するものとして、昭和40年代に新聞連載され後に単行化された司馬遼太郎小説坂の上の雲』での描写が挙げられる。この中では、伊地知は作戦・指揮能力に欠けた無能者として否定的に評価され、これが一般的に広く知られている。総じて、旅順要塞攻撃において融通の利かない硬直した作戦指揮を行い、損害を拡大させた点が批判されており、これは伊地知個人への批判に留まらず、このような人材を参謀長に据えたのは、閨閥・藩閥調整・情実等のお手盛り人事[8]の弊害であるという批判に拡大される事が多い。また戦後に日露戦争の戦功により男爵となった事も、総花的人事であると批判されている。また大将に昇進せずに中将で退役した点を挙げて、伊地知の評価はさほどのものではなかったとする指摘も見受けられる[9]

このような否定的評価は、2000年以前の出版物で広く記述されていた[10]。これらに対して、それら批判は不当であるとする意見もあった[11]が、極めて少数であった。

また、史家による研究においても否定的な評価が下されていた。大正14年に陸軍大学校において製作された「日露戦史講義適用録」[12]において、著者である谷教官は、旅順攻略戦当時の書簡中にて「老朽変幻」と評された人物を伊地知第3軍参謀長であると読み取り、論評を加えた。これを発端として、昭和期になって大江志乃夫氏もそのままに自書にて引用した。以後、「老朽変幻」(谷著書以後「老朽変則」と変化する)は伊地知第三軍参謀長の代名詞のように受け止められてきた。


近年は上記のような否定的評価は、下記のように論拠を以って否定されている。

  • 第3軍参謀長への任命に関して日露戦争勃発当時の伊地知の評価を客観的に見れば、英独仏への数度の海外留学を経験した人材であり、また砲兵科出身であり、日清戦争時の旅順攻略戦に於いて現地を踏んだ経験があり(当時第2軍参謀副長)、さらに欧州留学中に乃木希典と懇意であった。これら諸々を考慮すれば、伊地知が第3軍参謀長に任じられるのは何の不思議もない[13]
  • 旅順に於ける作戦・指揮能力の評価については、第3軍への命令が「旅順を速やかに攻略すべし」[14]とされていることを考えれば、東北正面を主攻撃目標として一挙に要塞の死命を制する事を目指した事は妥当な判断である。旅順要塞を防禦する側がその防戦意図を断念したのは、203高地奪取(要塞北西)によるものではなく、それから約一ヶ月後の要塞東北面の主要拠点の陥落によることを考慮しても、旅順要塞で最も堅牢な東北正面の攻撃に拘った作戦立案は的を射たものであった[15]
  • 旅順における第一回総攻撃が失敗に終わると第3軍は強襲法を捨て正攻法に作戦を変更しているが当時の軍隊の軍制や編成を考えれば柔軟な対応に値する行為という意見もある。後年の第一次世界大戦では西部戦線で一日に何万という将兵が死傷するような事態が連日起こっても各国の司令部は作戦を続行させ大量出血を招くような行為を繰り返している。日本でも旅順戦後の黒溝台会戦では前線の秋山支隊からの警報を先入観から満州軍司令部は耳をかさず露軍の攻勢が始まっても中々信じず威力偵察程度に過小評価する失敗をしている。当時の軍は一度決めた作戦や判断を容易に変更する事は殆どなかった(出来なかった)がそれを成した第3軍は頑迷どころか柔軟な思考をしていた。
  • 伊地知が大将に昇進せずに退役したことを指して彼の評価を疑問視する指摘があるが、彼は同期中トップで中将となっており、また病気により予備役となった時点で同期で大将となっていた者が居ない事を考えれば、全くの的外れな指摘である。
  • 当時は第6旅団長として勇戦し、後に第3軍参謀長として乃木に仕える事になる一戸兵衛少将は戦後の述懐で、「旅順戦の最中は軍司令部の作戦を疑問に思う事もあったが、いざ参謀長になり当時の作戦日誌を読み返して当時の司令部の作戦指導は妥当であったと得心した」と述べている[16]
  • 戦地から内地の長岡参謀本部次長へ書簡を送り、その中で「老朽変幻」という言葉を用いたのは、第11師団歩兵第22旅団長神尾少将であるが、彼が「老朽変幻」と指弾した人物は伊地知第3軍参謀長ではないことが近年の研究[17]にて判明している。
神尾少将は「老朽変幻」と評した後に「生も曾て其職を演ぜし事ありしもそは数年前の事にして今は時勢一変しあり、即ち各師団とも正途に教育を受けたる候補者目を突くほどあるなり。~」と書いている。神尾は「老朽変幻」と評した人物の現職を、かつて就いた事があると書いているが、神尾の経歴で、この時点で軍参謀長に就いた事実はなく、第一第十師団の師団参謀長を経験している。つまりここで触れているのは「軍参謀長」の伊地知の事ではなく、この手紙が出された時点で第三軍に配備されていた第一師団参謀長の星野金吾大佐か第十一師団参謀長の石田正珍大佐のどちらかの事である。そして神尾は「各師団とも正途に教育を受けたる候補者目を突くほどあるなり。」と正規の参謀の教育機関である陸軍大学校の卒業生を採用すべしと述べているが星野は陸軍大学校卒業生であるので、神尾に「老朽変幻」と評されたのは石田正珍だということになる[18]
「日露戦争第三軍関係史料集 大庭二郎日記・井上幾太郎日記で見る旅順・奉天戦」に於いて作者の長南政義氏は「原資料を翻訳した史料集が刊行されているにも関わらず正確な資料解釈を行う努力を放棄して、谷戦史(機密日露戦史)からの孫引きを続け、伊地知を「老朽変幻」と評してきた研究者たちの姿勢は批判されて然るべき」と述べ、伊地知を安易に「老朽変幻」と評した人々を厳しく批判している。
  • 伊地知の評価は谷戦史(機密日露戦史)などの資料から評されてきたが、谷戦史は中央の大本営の資料証言ばかりが採用され第三軍側の資料証言は殆ど採用されておらず、客観性に問題があった。内容の誤りも多く、上記の神尾少将の手紙の内容を「老朽変幻」と書いているのに「老朽変則」としていたり、文をちゃんと読めば伊地知の事を指していないのに、かも伊地知の事を指しているかのようにしていたりしている。また大本営から28センチ榴弾砲を第三軍に送ると言ってきた際に伊地知が「送るに及ばず」と言ったと長岡外史が後年述べたことを事実として紹介しているが、その様な事実はなく、伊地知は「28センチ榴弾砲が到着するまで総攻撃を待つことは出来ないが、今後の為に送られたし」と返事している。伊地知の悪評の多くは、こういった客観性に欠ける資料を鵜呑みにして紹介した近年の作家や学者の責任が大きい。


伊地知の評判が悪かったのは、以下の要因が考えられる。

  • 乃木が軍神・聖将として祭り上げられたことから、乃木への批判も併せて参謀長であった伊地知に批判が集中したこと[19]
  • 旅順攻撃失敗の原因は弾薬の不足であるとして、総司令部や大本営に対して厳しく補給を請求したことが、陸軍内において、伊地知の評価を下げた[20]可能性がある。大正昭和に至るまで、日本陸軍は日露戦争の経験と第一次世界大戦の観察から、日本の貧弱な国力と工業力をもっては近代戦の莫大な消耗に到底耐え得ないという判断から、精神力を基盤とする白兵戦力、指揮官の意志力、統率の妙などの無形的戦力に大きな期待を寄せることになる[21]。このような思想において日露戦争を考えるとき、弾丸の不足を訴え上級司令部に厳しく補給を要求した伊地知の評判が悪くなるのは当然の成り行きといえる。
  • 彼の性情が剛直であったと評されることが多かったこと。書簡にて「第3軍の伊公」と呼ばれるなど、好意的な評価は読み取れない。

2011年、並木書房の書籍[22]にて、日誌などの一次史料や未翻刻史料を基に日清戦争の諜報活動及び日露戦争開戦直前・直後期の韓国公使館付時代の伊地知の役割など彼の功績を評価する研究結果が長南政義によって紹介されている。

親族[編集]

  • 先妻 雪子 大山彦八(大山巌の兄)の娘
  • 後妻 キミ 高階経本の娘
  • 娘婿 小川武次(陸軍少佐)

脚注[編集]

  1. ^ 歴史街道2011年11月号p41
  2. ^ 長南政義「坂の雲に描かれなかった謀将 伊地知幸介」ゲームジャーナル編『坂の上の雲5つの疑問』(並木書房、2011年)p62~65
  3. ^ 後年井口は大本営が早期攻略を迫った為に第一次総攻撃で大損害を被った事を大本営の誤りと認めている。別宮暖朗 『「坂の上の雲」では分からない旅順攻防戦 』 並木書房、2005年
  4. ^ 「偕行社記事臨時第28号」(明治39年2月発行)には、『1885年地雷弾の世に現出せし以来、多数の戦術家殊に砲兵科将校の多くは、未来は砲兵の射撃と歩兵の勇敢なる突撃とにより要塞を陥落せしめ得べく、往時の如く対壕及坑道を掘開し徐々正攻を企つることを敢えて要せざるものと信ずるに至れり。就中フォン・ザウエル将軍の説に...』との記述がある。
  5. ^ 「井上幾太郎伝」(昭和41年発行)より
  6. ^ これにより第二次総攻撃以降は第三軍の損害は著しく低下し露軍守備隊の方がそれを上回る様になった。完全包囲された旅順に対し消耗戦を仕掛ける事で徐々に追い詰めた第三軍は要塞正面への攻勢と、続く203高地を巡る戦いで露軍の予備兵力を枯渇させて反撃の手を奪い、要塞正面の突破に成功し降伏に追い込んだ。
  7. ^ 当時参謀次長であった長岡外史の回顧録によれば、総攻撃失敗ののち長岡より「攻城砲として28センチ榴弾砲を4門送る」と第3軍に電報し、伊地知はこれへの返信として「到着まで総攻撃を延ばす事はできないが取りあえず送ってくれ」と返信したとされている
  8. ^ 当時の陸軍首脳部は薩長出身者で占められていたことから、このような人事が行われたと想像されている。当時の四個軍司令官・参謀長の8人中6人が薩長出身者で占められ、満州軍総司令官・総参謀長も薩長出身者であった
  9. ^ 『激闘旅順・奉天 - 日露戦争陸軍“戦捷”の要諦』歴史群像シリーズ59号、学習研究社、1999年。P104桐野作人記述
  10. ^ 例えば『近代戦の先駆日露戦争(成美堂出版1998年)』では寺田近雄は、大連近くの剣山山頂において満州軍・第3軍・連合艦隊の首脳が集まり会議が開かれ、その席上で伊地知は海軍からの重砲提供を断ったと述べている。また『日露戦争(歴史群像シリーズ24号1991年)』では上田滋は「大山元帥の甥の伊地知某という砲兵出身の男だが、これが石頭でおよそ近代兵学を知らない」と述べている
  11. ^ 半藤一利著『日本参謀論』(図書出版社刊 1989年)では、対談の中で秦郁彦は『大変な秀才でドイツに二度も留学しているし、当時の陸軍では最も嘱望された参謀将校の一人だったわけで、確かに乃木司令官とのコンビネーションはうまくいかなかったけれども、公平に見て、それほどひどい参謀長ではなかったと思いますよ。ともかく日露戦争後、男爵になっているんですから。ただ、乃木大将が軍神になったものだから、悪いのはすべて伊地知だ、ということにされてしまった。たとえば、彼が第三軍参謀になったのも、大山元帥の女婿だから、つまり情実人事だというのが定説になっていますが、実は妻君が大山の姪ですから、親類ではあったけれども女婿じゃないんです。そういうところから話が膨れていくわけです』と述べている。
  12. ^ 俗に「谷戦史」と呼ばれる、のち「機密日露戦史」と題され書籍化された
  13. ^ 桑原嶽著『名将乃木希典』(中央乃木会刊2000年)より。また桑原は「平時ならばとにかく一国の存亡を賭けた大戦争で、一軍の安危を担う将帥の人事を、まるで自民党の派閥人事と同一視している司馬氏の浅薄な考えは、彼独特の偏見と独断から生まれたもので、ただ滑稽というより他に言いようはない」と藩閥調整人事であるという司馬の見方を厳しく批判している。
  14. ^ 攻撃目標は「根拠地の覆滅」であり「旅順艦隊の撃滅」ではないということ
  15. ^ 旅順艦隊の問題についても、第3軍の攻撃によって守備兵力及び砲弾薬の欠乏に陥った要塞を援護するために、旅順艦隊は艦載砲を陸揚げして乗組員を陸上戦闘に充てることになり、結果、旅順艦隊の戦闘能力は事実上失われていた。第3軍が要塞攻略に固執したことによって、旅順艦隊の無力化という目的も達成されていたことになる。(成美堂出版、『近代戦の先駆 日露戦争』P88記述より)
  16. ^ 歴史街道2011年11月号p49
  17. ^ 長南政義編『日露戦争第三軍関係史料集 大庭二郎日記・井上幾太郎日記で見る旅順・奉天戦』(国書刊行会、2014年)
  18. ^ 長南政義編『日露戦争第三軍関係史料集 大庭二郎日記・井上幾太郎日記で見る旅順・奉天戦』695~697p(国書刊行会、2014年)
  19. ^ 『激闘旅順・奉天 - 日露戦争陸軍“戦捷”の要諦』P104桐野作人記述
  20. ^ 「旅順攻略意の如くならざるは一に砲弾の不足にありとの事を、貴軍参謀長がしばしば公言せりとは、戦地より帰来せる者の風聞として聞き及ぶところなり」『公爵山県有朋伝』
  21. ^ 前原透『日本陸軍用兵思想史』(天狼書店、平成6年)405P
  22. ^ 長南政義「坂の雲に描かれなかった謀将 伊地知幸介」ゲームジャーナル編『坂の上の雲5つの疑問』(並木書房、2011年)

参考文献[編集]

  • 『日露戦争 - 陸海軍、進撃と苦闘の五百日』歴史群像シリーズ24号、学習研究社、1991年。
  • 『激闘旅順・奉天 - 日露戦争陸軍“戦捷”の要諦』歴史群像シリーズ59号、学習研究社、1999年。
  • 『日露戦争 - 近代戦の先駆』Seibido mook、成美堂出版、1998年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 長南政義「坂の雲に描かれなかった謀将 伊地知幸介」ゲームジャーナル編『坂の上の雲5つの疑問』(並木書房、2011年)ISBN 4890632840
  • 長南政義編『日露戦争第三軍関係史料集 大庭二郎日記・井上幾太郎日記で見る旅順・奉天戦』(国書刊行会、2014年)ISBN 4336056382


先代:
柴野義広
野戦砲兵監
第4代:1902年5月5日 - 1903年1月22日
次代:
豊島陽蔵
先代:
-
旅順要塞司令官
初代:1905年1月9日 - 1907年4月1日
次代:
税所篤文
先代:
多田保房
東京湾要塞司令官
第10代:1907年4月16日 - 1908年12月21日
次代:
内山小二郎
先代:
土屋光春
第11師団
第6代:1908年12月21日 - 1910年11月30日
次代:
依田広太郎