中島町 (愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松山市 > 中島町 (愛媛県)
中島町
廃止日 2005年1月1日
廃止理由 編入合併
中島町北条市松山市
現在の自治体 松山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
温泉郡
面積 37.28km²
総人口 6,340
(2000年10月1日)
隣接自治体 松山市
北条市(現:松山市)
山口県大島郡東和町(現:周防大島町
広島県安芸郡倉橋町(現:呉市
(全て海上により隣接)
町の木
町の花 みかんの花
町歌 白いかおりの島へ
中島町役場
所在地 791-4501
愛媛県温泉郡中島町大字大浦1626番地
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中島町(なかじまちょう)は愛媛県中予地方にあったである。旧風早郡トライアスロン中島大会で知られる。キャッチフレーズは「みかんと太陽とトライアスロンの島」。詳細は、忽那諸島とそれぞれの島の記事を参照のこと。

地理[編集]

芸予諸島忽那諸島)の中で1番大きな島、中島(本島)と呼ぶ。睦月島野忽那島怒和島津和地島他からなる離島の町。町役場は中島の大浦集落にあった。(現在の、松山市役所中島支所)

町の沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)12月15日 - 町村制施行により風早郡東中島村、神和村、睦野村、西中島村が成立。
    東中島村 - 大浦村、小浜村、長師村、宮野村、神浦村が合併
    神和村 - 元怒和村、津和地村、二神村、上怒和村が合併
    睦野村 - 睦月村、野忽那村が合併
    西中島村 - 粟井村、畑里村、饒村、吉木村、熊田村、宇和間村が合併
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 風早郡が温泉郡、久米郡和気郡と合併して温泉郡となる。
  • 1952年(昭和27年)8月1日 - 東中島村が町制施行して中島町となる。
  • 1959年(昭和34年)3月31日 - 神和村と合併して中島町となる。
  • 1960年(昭和35年)3月31日 - 睦野村を編入。
  • 1963年(昭和38年)3月31日 - 西中島村を編入。
  • 2005年(平成17年)1月1日 - 北条市とともに松山市へ編入され、自治体としての歴史を閉じた。
中島町の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)         (昭和の合併)     (平成の合併)
            町村制施行時       
元怒和━━━━┓           
津和地━━━━┫           
二神 ━━━━╋━━━神和村━━━━━━━━━━━┓
上怒和━━━━┛                 ┃昭和34年3月31日
大浦 ━━━━┓                 ┃ 合併
小浜 ━━━━┫          あ      ┣━中島町━━┳━┳━━┓
長師 ━━━━╋━━━東中島村━━━中島町━━━━┛     い┃ ┃  ┃
宮野 ━━━━┫                        ┃ ┃  ┃
神浦 ━━━━┛                        ┃ ┃  ┃
野忽那━━━━┓                        ┃ ┃  ┃
       ┣━━━睦野村━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┃  ┃
睦月 ━━━━┛                          ┃  ┃
粟井 ━━━━┓                         う┃  ┃
畑里 ━━━━┫                          ┃  ┃
饒  ━━━━╋━━━西中島村━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ┃
吉木 ━━━━┫                             ┃
熊田 ━━━━┫                             ┃ 
宇和間━━━━┛                             ┃ 
                           北条市━━━━━━━┫
                           松山市━━━━━━━┻━━松山市
                                        え
あ – 昭和27年8月1日町制施行
い – 昭和35年3月31日 睦野村を中島町へ編入
う – 昭和38年3月31日 西中島村を中島町へ編入
え – 平成17年1月1日 中島町及び北条市を松山市へ編入

(注記)北条市・松山市の合併以前の系譜はそれぞれの市の記事を参照のこと。

行政[編集]

歴代町長

  • 武田治(たけだおさむ)
    二期目中に死去。町の行政機能を強化するため、約35年間の愛媛県庁勤務の経験を生かし、人づくりや条例・規則の整備に尽力した。
  • 武田満幸(たけだみつゆき)
    農協組合長を経て就任。最後の町長となったが、町営汽船・フェリー・バス、町立病院など松山市との合併に際しての懸案事項を解決、松山市・北条市との合併を円滑に導いた。 

役所

  • 中島本島の大浦という集落にある。合併後は支所となっている。

姉妹都市

経済[編集]

農業[編集]

商業[編集]

  • 小規模な商店が何十軒かあるが、松山市との合併で中島町役場で勤務していた町職員の多くが松山市役所本庁へ転勤したことで島の人口が減少し、大きな打撃を受けている。

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 中島町立中島中学校

小学校[編集]

  • 中島町立天谷小学校
  • 中島町立津和地小学校
  • 中島町立中島東小学校
  • 中島町立中島南小学校
  • 中島町立怒和小学校
  • 中島町立野忽那小学校
  • 中島町立二神小学校
  • 中島町立睦月小学校

(現在はすべて松山市立)

交通[編集]

航路[編集]

鉄道[編集]

  • 町内に鉄道はない。

道路[編集]

一般国道[編集]

  • 町内に国道はない。

県道[編集]

関連図書[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典38 愛媛県』角川書店、1981年、908-912頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]