三フッ化ホウ素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三フッ化ホウ素
識別情報
CAS登録番号 7637-07-2 チェック, 13319-75-0 (二水和物)
PubChem 6356
ChemSpider 6116 チェック
EINECS 231-569-5
RTECS番号 ED2275000
特性
化学式 BF3
モル質量 67.82 g/mol (無水和物)
103.837 g/mol (二水和物)
外観 無色の気体 (無水和物)
無色の液体 (二水和物)
密度 0.00276 g/cm3 (無水和物気体)
1.64 g/cm3 (二水和物)
融点

−126.8 °C

沸点

−100.3 °C

への溶解度 易溶
溶解度 ベンゼントルエンヘキサンクロロホルムジクロロメタン
危険性
EU分類 猛毒(T+)
腐食性(C)
EU Index 005-001-00-X
Rフレーズ R14, R26, R35
Sフレーズ (S1/2), S9, S26, S28, S36/37/39, S45
引火点 non-flammable
関連する物質
関連物質 三塩化ホウ素
三臭化ホウ素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

三フッ化ホウ素(さんフッかホウそ、: boron trifluoride)は、化学式BF3で表される化学物質である。黄白色で毒性のある気体である。ジエチルエーテル錯体を形成し、その錯体は液体のルイス酸として用いられる。ホウ素を中心とする正三角形の平面状分子である。不燃性である。目と粘膜を侵す。

概要[編集]

腐食性がある。実験器具に用いられているステンレス鋼モネルハステロイなども水蒸気の存在下で腐食される。ポリアミドと反応するが、テフロンポリクロロトリフルオロエチレンポリフッ化ビニリデンポリプロピレンなどは腐食されない。三フッ化ホウ素を用いる実験の実験装置にグリースを用いる場合、通常の炭化水素系のものを用いると反応してしまうため、フルオロカーボン系のものを用いる必要がある[1]

三フッ化ホウ素の共有結合は強く分極しているが、分子自体は非極性である。これはホウ素原子がsp2軌道を取っており、分子が3回対称であるためである。ホウ素は電子不足であり、化学反応においてはルイス酸として働く。例えばフッ化物と反応してテトラフルオロホウ酸塩を生成する。

CsF + BF3 → CsBF4

他のハロゲン化ホウ素とは異なり、加水分解されてホウ酸ホウフッ化水素酸 (HBF4) とに分解する。他のハロゲン化物はハロゲンがホウ素に比べてかなり大きく、立体障害が大きすぎるために4級塩になることはできない。ホウフッ化水素酸は非常に酸性度が高いため、テトラフルオロホウ酸イオンジアゾニウムイオンなどの他のイオンを単離するために用いられることがある。これはイオンの数少ない単離法の1つである。ジアゾニウムイオンとテトラフルオロホウ酸イオンの塩がフッ化アリルや窒素、三フッ化ホウ素に分解するという反応は、研究室レベルでは重要な反応である。

三フッ化ホウ素はアンモニアやジエチルエーテルなどのルイス塩基と複合体を形成しやすい。特にジエチルエーテルとは蒸留が可能なほど安定な錯体を作り、この形で市販もされている。ルイス酸触媒として有機合成分野で汎用される。

利用[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Air Liquide Gas Encyclopaedia

外部リンク[編集]