トリエチルボラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリエチルボラン
Triethylborane.svgTriethylborane-3D-balls.png
IUPAC名 トリエチルボラン
別名 トリエチルボリン、トリエチルボロン
分子式 (CH3CH2)3B
分子量 98.00
密度 0.677 g/cm3, 液体
融点 -93 °C
沸点 95 °C

トリエチルボラン: Triethylborane, TEB)またはトリエチルボリントリエチルボロンは、有機ホウ素化合物(有機金属化合物)の一つでヒドロホウ素化反応によって生成される。エーテルのような臭気をもつ黄色がかった透明の液体で、分子式は(CH3CH2)3Bである。

トリエチルボランは強力な自然発火性物質で、空気中では淡く澄んだ緑色の炎をあげて燃焼する。消火の際は二酸化炭素または粉末消火剤を使う。

使用例としてアメリカ空軍戦略偵察機SR-71ブラックバードの燃料点火剤として使われた。これはSR-71のエンジンが通常のジェット燃料より発火点が高い専用のJP-7を用いているため、始動時およびアフターバーナー点火時にトリエチルボランを使用していた。

関連項目[編集]