ポリフッ化ビニリデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PVDF の構造式

ポリフッ化ビニリデン(ポリフッかビニリデン、PolyVinylidene DiFluoride、PVDF)は高耐性、高純度な熱可塑性フッ素重合体のひとつである。

PVDFは高価であり、一般的に高純度、高強度や耐薬品性、熱耐性が要求される用途に用いられる。 製品としてはパイプやシート、プレートなどとして製造されているほか、釣り糸の原料としてフロロカーボンと呼ばれる糸に用いられ販売され、その糸はウクレレ等の弦楽器の弦にも用いられる。

また、PVDFは強誘電性のポリマーであり、圧電性焦電性を示すことから、センサなどへの応用もなされている。

物理的特性[編集]

特性
融点 134–169 °C
密度 1.78 g/cm3
熱伝導率 0.18 W m-1 K-1
熱膨張係数 0.18×10-6 K-1
降伏応力 15–35 MPa
延伸時の破断 200%–750%
弾性定数 350–1100 MPa
体積抵抗率 ≥ 1x1012 Ω·m