P型半導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

p型半導体(ピーがたはんどうたい)とは、電荷を運ぶキャリアとして正孔(ホール)が使われる半導体である。正の電荷を持つ正孔が移動することで電流が生じる。つまり、正孔が多数キャリアとなる半導体である。 例えばシリコンなど4価元素の真性半導体に、微量の3価元素(ホウ素アルミニウムなど)を添加することでつくられる。なお、この場合において3価元素は故意に添加しているため、不純物という表記は適切ではない。

  • p型半導体をつくる為の添加物をアクセプタといい、この添加物によって形成された準位をアクセプタ準位と呼ぶ。
  • 正(: positive)の電荷を持つ正孔が多数キャリアであることから、英語の頭文字をとってp型半導体と呼ばれる。

関連項目[編集]

  • NBTI - p型半導体特有の劣化モード